주요 기사 바로가기

【噴水台】朴大統領の平穏な沈黙

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.10.31 15:06
0
崔順実(チェ・スンシル)事態で全国がショックを受けたからなのか、先週は外部筆陣が集団で締め切りを越えて新聞紙面用の原稿を送ってきた。普段、厳しく時間を守っていた2人の精神科専門医も例外ではなかった。誰であろうが、この渦中に仕事が手につくはずのない他人の心を読むのが特技の精神科医たちは、とりわけあちこちで大統領の心理に対する質問を受けているようだった。彼らも他の普通の人々のように、ただ驚き、もどかしく、腹が立っているのは同じだろうに。

崔順実の登場で、これまで理解できなかったたくさんのことについてパズルのピースが一度にすべて埋まったのと同時に、依然として分からないことがある。大統領の平穏さだ。大統領の2分という短い謝罪以降、むしろ世論は大きくなり支持率は真っ逆さまに落ちているが、当事者の大統領は何もなかったかのように儀礼的な日程を消化しているからだ。もちろん、一晩で青瓦台(チョンワデ、大統領府)首席秘書官の一括辞表を指示してセヌリ党常任顧問団と会合を開いて政局収拾を図ろうとしたが、怒った国民をなだめようとする言葉は聞いた記憶がない。

国民に対する大統領のこの平穏な沈黙は何を意味するのだろうか。18世紀、フランス司祭が書いた『沈黙の技術』には「沈黙よりましな言葉がある時にだけ口を開きなさい」と、沈黙を称賛している。大統領の沈黙もそのような慎重さとして受け止められるとよいが、世論はどうやら違うようだ。この本では警戒しなければならない沈黙についていくつか言及しているが、そのひとつが「無視の沈黙」だ。反応を期待している人に対して何の対応もなく口を閉じたままなのは相手を無視しているから可能だということだ。サルトルと契約結婚をしたフランス思想家シモーヌ・ド・ボーヴォワールも長編エッセイ『人間について』(1944)で「すべての言葉とすべての表現は相手に対する呼び掛け」として「真の軽蔑は沈黙」と規定した。沈黙は反論や怒りをも除去してしまい、他人に自分が滑稽だったり嫌悪の対象になることも辞さないためだとした。

大統領の沈黙がまさか国民への無視や軽蔑を込めた沈黙ではないだろう。いっそのこと弱気だからとても口を開くことができないのと信じたい。だが、多くの国民の感じ方は全く違うのが現実だ。事実、大統領が先に無視の沈黙を行使するべき対象は別にあった。追従を日常的に行い、損得計算に忙しくしながらも大統領のために献身すると大風呂敷を広げてこの国をこんな有様にした輩のことだ。今からでも、どうか「無視の沈黙」を使う相手をよく選んでもらえたらと思う。弄ばれた国民に最小限の礼儀を示すためにも。

アン・ヘリ部長/ライフスタイルデスク

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP