주요 기사 바로가기

【中央時評】父、支持者、国家を傷つけた朴大統領(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.10.26 10:21
0
朴槿恵(パク・クネ)大統領が失敗で突進している。父の朴正熙(パク・ジョンヒ)、保守支持勢力、そして国家が同伴墜落している。どこで間違ったのか。

朴槿恵は父から多くの恩恵を受けた。大統領になったのも決定的には父のおかげだ。朴正熙の娘でなければ国会議員にもなれなかっただろう。なら、成功した大統領として報いるべきだった。少なくとも問題を起こすべきではなかった。生涯、朴槿恵は父に負担を与えた。

1974年に夫人を亡くした後、朴正熙は試練を迎えた。孤独だった。再婚を勧める人も少なくなかった。アン・ビョンフン氏が書いた対話録に金在淳(キム・ジェスン)元国会議長はこのような証言を残した。「日本の瀬島隆三氏が『必ず再婚するように』という言葉を伝えてほしいと語った。これを伝えたところ、朴大統領はしばらく沈黙した後、『槿恵のため…』と言葉を濁した」。

当時、朴槿恵はファーストレディを楽しんでいた。セマウム奉仕団に担がれて牧師の崔太敏(チェ・テミン)氏とともに全国を回った。行く場所ごとに権力者待遇を受けた。雲の上の20代の娘は60代の父の事情に無関心だった。もし朴槿恵が新しい母にファーストレディを譲歩しようとしていれば、、父は再婚できただろう。そうなれば、多くのことが変わっていたはずだ。大統領の寂しい空間を強硬派警護室長が占めることも、朴正熙が宮井洞(クンジョンドン)の家屋で女性と交わることもなかっただろう。

保守勢力は朴槿恵を献身的に支援した。朴正熙の娘であるため、進歩・左派の執権を阻止するため、金文洙(キム・ムンス)候補・鄭夢準(チョン・モンジュン)候補・李在五(イ・ジェオ)候補よりはるかによく見えたため、朴槿恵を熱情的に後押しした。もちろん朴槿恵の実績も大きかった。盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権で朴槿恵は国家アイデンティティ闘争を率いた。ハンナラ党を救ったりもした。しかし保守の支持がなかったとすれば、朴槿恵が出てくることはなかっただろう。

朴槿恵は結局、エベレストになった。エベレストが世界最高峰であるのはヒマラヤという山脈に担がれているからだ。しかし大統領になった後、朴槿恵はヒマラヤを忘れた。保守の元老・指導者・言論人・学者・活動家に無関心だった。朴槿恵大統領を作ろうと努力した人のうち「国の心配を一緒にしましょう」という真摯な電話1本を受けた人はほとんどいない。

保守勢力は絶えず忠告した。父のように部下をうまく使い、苦言に耳を傾けるべきだと話した。朴槿恵は聞かなかった。その代わり朴槿恵はおかしな人たちを熱心に登用した。自分を担いでくれる政治家、専門家もよく知らない無資格者、コネだけの無検証教授、大統領選挙で一緒だったという老衰したコメディアン…。
【中央時評】父、支持者、国家を傷つけた朴大統領(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP