주요 기사 바로가기

韓国人の期待寿命82.2歳…世界138カ国中10位、日本は2位

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.09.30 10:07
0
韓国人の期待寿命が82.2歳で世界の主要138カ国のうち10番目に高いことが分かった。

28日(現地時間)、世界経済フォーラム(WEF)が発表した「国際競争力レポート(The Global Competitiveness Report 2016-2017)」によると、香港の期待寿命が84歳で調査対象138カ国のうち最も高く、韓国の期待寿命は82.2歳で10位に位置した。

期待寿命(life expectancy)は新生児があと何年生存すると期待できるかを推定した数値だ。

韓国人の期待寿命は昨年の報告書(81.5歳・13位)から3ランク上昇した。

英国日刊紙インディペンデントは今回のレポートの中で特に国別期待寿命に注目し、上位国の期待寿命が高い秘訣を経済協力開発機構(OECD)の資料と対照して分析した。

同紙は「韓国人の期待寿命は経済発展により中産層が厚くなった」としながら「韓国が他のOECD加盟国と比べても大気汚染が深刻なのは健康を脅かす問題」と指摘した。

昨年のレポートでも83.8歳で最も高い期待寿命を示した香港は、大極拳を楽しむ伝統、煮込み料理や茶をたしなむ食文化が長寿の秘訣に挙げられた。

日本人の期待寿命は83.6歳で昨年に続き2位に入った。代表的な長寿国家に挙げられる日本は高い自殺率の影響で3年前に期待寿命1位の座を明け渡した。

続いて地中海式の献立が健康に肯定的な影響を及ぼしたと評価されたスペインが83.1歳で3位、次いでスイス(82.8歳)、イタリア(82.7歳)が順に4~5位を占めた。

今回の報告書でアジアで国家競争力が最も高いと評価されたシンガポールの期待寿命は82.6歳で6位だった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP