주요 기사 바로가기

<韓半島最大規模地震>韓国には国レベルの断層地図がない(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.09.14 09:44
0
歴史的にもすでに韓半島でマグニチュード6以上の地震が何度か発生している。地震学者らは『三国史記』 『朝鮮王朝実録』などの歴史書物で地震の記録を1800回ほど確認している。イ・ギファ・ソウル大名誉教授は「ソウル・慶州・江陵(カンヌン)・咸興(ハムフン)などでマグニチュード6.7の地震が計9回発生した」と述べた。

今回の地震で活性断層に対する詳細な調査の必要性が提起された。ソン・ムン教授は「学界レベルで活性断層調査が行われたが、国家レベルの調査はその間なかった。経済協力開発機構(OECD)のうち国レベルの断層地図がない国は韓国が唯一」と述べた。

地層調査以外にも早期警報システムの重要性が浮上している。地震予測は科学的に不可能に近いからだ。韓国地質資源研究院のイ・ヒイル研究員は「主要地域に地震計を設置し、地盤の震動状態をリアルタイムで監視して地震信号を分析し、自動で関係当局に知らせるシステムの開発が急がれる」と述べた。

現在、気象庁が保有する地震観測装備は計150台にすぎない。国民が少しでも早く避難できるよう早期観測および警報システムを整える必要があるということだ。特に現在稼働中の原発はマグニチュード6.5の地震に対応して設計されていて、6.5以上の地震が発生する場合、原発など主要施設の補強もなければいけない。


<韓半島最大規模地震>韓国には国レベルの断層地図がない(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP