주요 기사 바로가기

<北核実験>当惑する中国「断固反対」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.09.10 11:21
0
北朝鮮の5回目の核実験が中国を当惑させている。北朝鮮が中国の要求通りに追加の核実験を自制していれば、THAAD(高高度ミサイル防衛)体系配備で韓中間の距離が広がった状況と重なり、中国が北朝鮮との戦略的接近を強化できる可能性があったからだ。

中国外務省は9日、公式声明で「北朝鮮の核実験に断固反対することを表明する」とし「北朝鮮は非核化の約束を守り、国連安全保障理事会の関連決議を履行することを強く要求する」と明らかにした。関心は、中国が今後、北朝鮮の核を阻止するためにどんな立場をとるかに集中している。すぐにも中国は北朝鮮に対する制裁の程度を高める国際社会の議論に参加する見込みだ。中国外務省の声明では「国際社会とともに韓半島(朝鮮半島)の非核化目標を確実に推進する」と明らかにした。華春瑩報道官はブリーフィングで「国連安保理の議論に積極的に参加する」と明らかにした。中国外務省はこの日午後、池在竜(チ・ジェリョン)北朝鮮大使を呼んで抗議した。

問題は中国が対北朝鮮制裁をどの程度まで容認するかにかかっている。専門家らは北朝鮮体制に脅威となるほど強力な圧力に参加するという根本的な変化は期待しにくいと予想した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP