주요 기사 바로가기

<韓米首脳会談>5カ月ぶりに会った両国首脳、どんな議論したのか?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.09.07 09:24
0
ラオスのビエンチャンで開かれたASEAN(東南アジア諸国連合)首脳会議に出席中の韓米首脳は6日に会談結果を直接発表した。多国間会議を機に開かれた2国間会談で両首脳が共に報道陣の前に出て会談結果を発表したのは異例だ。会談時間も予定された30分を超え50分間行われた。順次通訳ではない同時通訳であることを考慮すれば、朴槿恵(パク・クネ)大統領とバラク・オバマ大統領は緊密な協議を行ったことになる。この日の首脳会談で両首脳は「拡張抑制」概念を発表した。

朴槿恵大統領とオバマ米国大統領は会談後「高高度ミサイル防衛(THAAD)体系などを含めた連合防衛力の増強および拡張抑制を通じて強力な(対北朝鮮)抑止力を維持していくことにした」と話した。北朝鮮の威嚇に対抗して米国が核の傘を韓国に提供するという意味だ。

朴大統領は特に「韓米両国は北朝鮮のいかなる挑発にもあらゆる手段を尽くして強力に対応していくことをしっかりと明らかにする」として「無謀な挑発を持続するのは自滅を招く道であることを強く警告する」と話した。

米国が同盟国を核で威嚇する第3国に対し核の使用も辞さないという核戦略用語が拡張抑制だ。キム・ヨンホ延世(ヨンセ)大学政治外交学科教授は「これまで北朝鮮がSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)の発射に成功するなど、言葉だけで行ってきた米国を攻撃するとの主張が現実化している状況」としながら「北朝鮮の核保有が見通せる圏内に入った状況で、米国の戦略資産を積極的に動員して韓国を防衛するという意志を明らかにしたもの」と話した。

オバマ大統領は主要20カ国(G20)首脳会議が中国杭州で開かれていた5日、北朝鮮が弾道ミサイルを発射したことに言及しながら「THAADは純粋な防衛体系として北朝鮮の威嚇に対処するためのもの」としながら「韓国の防衛に対する私たちの意志は絶対に揺らがない」と強調した。

この日朴大統領は北朝鮮の人権問題と統一も取り上げた。「9月4日に発効された国内の北朝鮮人権法に基づいて米国など国際社会との協力を強化していこうと思う。北朝鮮住民の人権改善は統一に向けた重要な土台になるものであり、統一は北朝鮮住民も同等に待遇を受ける機会を提供すること」としながらだ。

会見で第3の主人公は中国だった。THAADの在韓米軍の配備に対する中国の反発を意識した発言が続いた。朴大統領は「対北朝鮮制裁の効果的な履行や北核問題解決において中国の役割が重要だという点を考慮し、韓米両国が多様なチャネルを通じて中国と継続して疎通していかなければならない」と話した。朴大統領は5日に開かれた韓中首脳会談でもTHAAD問題に関して韓米中三角協議を提案しながら中国との疎通を強調した。

チェ・ガン峨山(アサン)政策研究院副院長は「THAAD配備は北核威嚇を考慮すれば合理的な決定だったし、特定国家を狙っていないという点を両首脳が直接強調したことがポイント」と分析した。外交部長官を歴任した尹永グァン(ユン・ヨングァン)ソウル大学名誉教授も「両首脳が並んで立って結果を発表したことと会談時間が延びたことは韓米共助がそれだけ堅固だという証拠」と話した。朴大統領は7日には日本の安倍晋三首相と首脳会談を行う。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <韓米首脳会談>5カ月ぶりに会った両国首脳、どんな議論したのか?

    2016.09.07 09:24
    뉴스 메뉴 보기
    朴槿恵大統領が6日午後、ラオスのビエンチャンのランドマークホテルでオバマ米国大統領と首脳会談に先立ち挨拶している。朴大統領とオバマ大統領間の首脳会談は朴大統領の就任以来6回目、3月の核セキュリティー首脳会議から5カ月目で、7月のTHAAD体系の韓半島配備決定以後は初めてだ。
    TOP