주요 기사 바로가기

オバマ大統領「われわれの同盟を攻撃すれば破滅」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.01.14 08:31
0
米国のオバマ大統領が現地時間12日、任期中最後となる一般教書演説で、「どんな国でもあえてわれわれと同盟国を攻撃することはできない。これは破滅に進む道であることを知っているため」と明らかにした。

オバマ大統領は「米国は2位以下の8カ国を合わせたよりも多くの国防費を使っており、わが軍隊は歴史上最も強力だ」としてこのように明らかにした。オバマ大統領はまた、「米国が弱くなっているという言葉はすべて修辞にすぎない」と強調した。

オバマ大統領は演説で、核実験で挑発した北朝鮮を直接取り上げなかった。しかし強い米国を作った自身の業績を強調して米国の軍事力と同盟守護に対する確約を通じ北朝鮮とイスラム国(IS)など米国の敵対勢力に警告メッセージを伝えたとの解釈が出ている。

オバマ大統領は続けて、「現在世界は悪の帝国よりは失敗国家からさらに脅威を受けている」と明らかにした。ISに座を譲ったシリアとともに北朝鮮などをまとめて国際的脅威だと指摘したものと分析される。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP