주요 기사 바로가기

台風が11年ぶりに東京を襲う…韓国には影響なし

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.08.23 08:36
0
台風9号が22日、日本の首都・東京を襲った。日本気象庁によると、台風9号はこの日午後12時30分ごろ東京近隣にある千葉県に上陸した。東京をはじめとする首都圏に台風が上陸したのは2005年以降11年ぶり。

台風9号が上陸したことを受け、東京周辺では1時間あたり100ミリを越える大雨が降り、空の便に欠航が相次ぐなど被害が続出した。日本政府当局は被害が予想される地域の住民56万人に避難勧告を下した。半面、その後台風9号は北北東に進んだため韓国には特別な影響をもたらすことはなかった。

中心気圧980ヘクトパスカル、最大瞬間風速45メートルの台風9号は、23日に北海道を通った後、午後遅く日本列島を抜けると予報されている。

鉄道と航空便の欠航も相次いだ。東京成田空港では強風によって管制塔が揺れ、管制官10人余りが避難した。滑走路も一時全面閉鎖されるなど、この日一日だけで400便を越える航空便が欠航した。東京・東村山では土砂崩れが起きて西武多摩湖線で電車が脱線したほか、東京都心を通るJR原宿駅では強風で木が倒れて線路をふさぎ一時運転が見合わせられた。

一方、台風10号も鹿児島の南東550キロ沖を北上中で、台風に伴う追加被害が懸念されている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP