주요 기사 바로가기

韓国首都圏は猛暑…南部は台風の影響で暴雨

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.08.02 06:51
0
1日、ソウル・京畿地域に今年初めて猛暑警報が発表された。自動観測装備(AWS)で測定した京畿道漣川郡長南面のこの日の昼の気温は全国で最も高い38.4度となり、ソウル瑞草区の最高気温は36.1度まで上がった。猛暑警報はこの日午後遅く、猛暑注意報に引き下げられた。

今回の猛暑は、台風12号が北上することで南部地方は2日から、中部地方は3日から和らぐ見込みだ。済州西帰浦南側410キロの海上を北上中の台風12号は2日午後、済州西側の海を通過して西海(ソヘ、黄海)に入ると予想される。台風の中心付近には時速90キロの強風が吹いている。

気象庁は、台風の影響で2日以降、済州と智異山一帯に1時間あたり40ミリ以上の集中豪雨が降ると予報した。全国の川・海辺の避暑客は注意が必要だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP