주요 기사 바로가기

金正日総書記の最後の夫人に粛清説

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.07.27 13:32
0
北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記の最後の妻・金玉(キム・オク)氏(52)が家族とともに粛清され、政治犯収容所に送られた可能性が提起された。

米国自由アジア放送(RFA)は最近、平壌(ピョンヤン)を訪れた中国のある事業家が「金正恩(キム・ジョンウン)委員長が権力を握った後、1年も経たないうちに金玉(キム・オク)氏が管理所(政治犯収容所)に送られたと労働党の幹部から聞いた」と述べた、と報じた。続いて「金玉氏の弟(キム・ギュン)の傍若無人な行動と傲慢な態度が決定的な理由になった」と伝えた。キム・ギュン氏は金日成(キム・イルソン)総合大学第1副総長を務め、金正恩委員長が権力を握った後の2013年に突然辞任した。

これに関し元高官の脱北者は中央日報に「金正恩委員長は生母の高英姫(コ・ヨンヒ)氏が乳がんで苦しんでいる時に金玉氏が登場したことに恨みを抱いていた」とし「北の体制の特性上、金玉氏は除去されなければいけない状況」と話した。弟のキム・ギュン氏が粛清の原因という点については「金玉氏を除去するために弟の問題を取り出したのだろう」と語った。

しかし違う見方もある。金玉氏は粛清されたのではなく公開的な席に出て来られないよう隔離されたということだ。この消息筋は「金正恩委員長が生母が亡くなった後、金玉氏の世話を受けたことがあるうえ、金玉氏が父の夫人だったという点を尊重し、粛清まではしなかった」とし「代わりに移動の自由は許容したが、公開的な席には出てこないよう措置を取った」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP