주요 기사 바로가기

【コラム】金正恩のイメージ政治(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2012.07.27 15:35
0
北朝鮮の若い指導者、金正恩(キム・ジョンウン)の歩みが地球村の話題だ。軍作戦責任者である総参謀長の李英浩(イ・ヨンホ)を突然で粛清するかと思えば、突然に若い女性を連れて歩き関心を集めると夫人の李雪主(イ・ソルジュ)と電撃発表した。これに対し米国務部記者室ではスポークスマンと記者の間で「結婚式に招かれた米国人がいるか」について冗談が行き交い、中国メディアは李雪主の漢字表記が合っているかどうか諸説乱舞だ。国会では国家情報院が李雪主の年齢と履歴をブリーフィングするなど、全世界が金正恩関連の話題から離れられない。せっかく北朝鮮が核や食糧難など暗くて重いイメージではなく「若い指導者」の明るい姿が浮び上がっている。北朝鮮の「イメージ政治」が大成功を収めているというべきか。

事実、北朝鮮のイメージ政治は歴史と伝統が深い。何年か前、40代のある北朝鮮脱出住民(脱北者)から「金日成(キム・イルソン)は孤貞な人」という話は聞いたことがある。「 孤貞」というのは北朝鮮では礼儀正しくて高尚だという程度のかなり肯定的な表現だという。北朝鮮で生きられず脱出した人が金日成に対して良く言うのを見ながら多少いぶかしいという感じを持った記者は彼の説明を聞きながらあり得ると思ったことがある。

金日成は北朝鮮の住民たちの間で「大衆親和的な指導者」という認識が強いという。抗日パルチザン指導者の経歴に、北朝鮮建国過程で労働者・農民と現場で交わりながら新しい社会の雰囲気と制度を作ったという神話がいくつもあった。1960年半月の間、農民らと一緒に仕事をして討論しながらいわゆる「青山里(チョサンリ)方法」の模範を見せたとのことでも翌年、労働者らと長期間討論して作ったという「大安の事業体系」のようなものが代表的だ。また金日成は金正日(キム・ジョンイル)を幼い時期から連れ歩きながら住民たちと会う場面などを随時さらけ出したという。建国過程のあらゆる困難を解決しながらも家庭を疎かにしない「誠実な家長」の姿を同時に強調したのだ。

上記の脱北者は金日成に比べて金正日については酷評した。繊細で気難しい人、恐ろしい人、利己的な人などなどだ。この点は金正日が労働党組織指導部と宣伝煽動部を掌握しながら指導者に成長した人物という点が背景になるようだ。金日成を首領として擁立する「唯一指導体制」を作りながら北朝鮮高位職を多数粛清したりもしたしいわゆる「党生活」という難しい党員の行動規範を作って普及させることなどをしたため、機嫌を損なえば危険な、恐れの対象だったという。家庭的にも成蕙琳(ソン・ヘリム)という人妻女優との愛が結ばれず、金英淑(キム・ヨンスク)、洪一茜(ホン・イルチョン)、高英姫(コ・ヨンヒ)、キム・オクなど色々な女性を引き連れるなどで良くない印象を与えたのも事実だ。


【コラム】金正恩のイメージ政治(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP