주요 기사 바로가기

検察、大宇造船海洋の不正で南相兌前社長を緊急逮捕=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.06.28 13:17
0
大宇造船海洋の不正を捜査している検察腐敗犯罪特別捜査団は28日明け方、南相兌(ナム・サンテ)前大宇造船海洋社長(66)を緊急逮捕した。これに先立ち検察は南前社長を呼び、2006年から2012年までの在職期間中の横領と政官界ロビー疑惑などに対し深夜まで調査した。

8日に大宇造船海洋本社を家宅捜索してから19日ぶりに前最高経営責任者(CEO)を召喚調査したものだ。27日午前に特別捜査団があるソウル高等検察庁を訪れた南前社長は各種疑惑について尋ねる記者らの質問に「検察の調査に誠実に臨みたい」とだけ答えた。

南前社長は在職当時、大学同窓生(逮捕済み)が所有している物流会社に仕事を発注する代価としてこの会社の株式や配当などを受け100億ウォン台の不当な利益を得たという疑惑を受けている。また、2011年に大宇造船海洋が推進した船舶博物館事業で建築家のイ・チャンハ氏(60)に工事への特恵を与える代価として金品を受け取ったという疑惑も調査対象だ。

南前社長はこの日の調査で、該当事業の発注関連手続きを説明し「個人の意志で特定の会社に特恵を与えたとみることはできない」と反論した。特別捜査団はひとまず個人不正容疑で今週中に南前社長に対し拘束令状を請求する予定だ。

特別捜査団は南前社長に対する司法処理手続きと同時に産業銀行にも捜査を拡大している。大宇造船海洋の株式49.7%を持っている産業銀行が大株主としての責任をしっかりと果たしていたかを糾明する計画だ。特別捜査団関係者は「産業銀行が子会社(大宇造船海洋)が利益を出したのか出さなかったのかなど、財務状況を知らないまま100%だまされたとみるのは難しい。粉飾決算を放置した過程と背景を明らかにするだろう」と伝えた。

先週大宇造船海洋の最高財務責任者(CFO)を務めたキム・ガプチュン氏(61)を拘束した検察は拘束必要事由書に産業銀行を「会計操作による貸出詐欺の被害者」と書いた。これに対し特別捜査団は「産業銀行は貸出詐欺事件に対してだけは被害者とみることができる」とし捜査拡大の余地を残した。

検察関係者は「産業銀行と金融委員会などに対する捜査につながるかもしれない」と話した。南前社長在任期間の会計操作規模が確定すれば2006年以降の大宇造船海洋の粉飾決算規模は10兆ウォンに達するとの観測も出ている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    検察、大宇造船海洋の不正で南相兌前社長を緊急逮捕=韓国

    2016.06.28 13:17
    뉴스 메뉴 보기
    南相兌前大宇造船海洋社長が27日、被疑者として調査を受けるためソウル高等検察庁に召喚された。
    TOP