주요 기사 바로가기

テスラCEOの一言で規模より大きいサムスンSDIの株価揺れる(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.06.10 09:39
0
テスラに電気自動車の補助加熱装置を納品する韓国の産業や電気自動車用の熱管理モジュールを供給する可能性があるハンオン(Hanon)システムも、テスラ関連のイシューが出るたびに株価が板飛びをする代表的な会社だ。特異なのはサムスンSDIを含めてすべての部品企業は「秘密維持契約」のため供給事実を自らは確認も否認もできないということだ。バッテリー納品企業を明示したイーロン・マスク氏のツイッターに市場が熱く反応した理由だ。

業界は昨年以降とりわけ国内証券市場にテスラの影響が強まったと分析している。2013年に20万台水準だった世界の電気自動車市場が昨年60万台を超えるほどいち早く成長して業界1位のテスラの展望が一層明るくなった。チャン・ジョンフン サムスン証券アナリストは「中国政府が電気自動車関連の支援策を出しているところに、ドイツ発ディーゼルゲートまでさく烈して電気自動車市場は思ったよりはやく拡大している」として「今まで販売量や技術面で世界1位のテスラにとって有利な市場環境」と話した。

テスラというブランド効果も無視することはできない。イーロン・マスク氏はペイパル(オンライン決済)・スペースX(ロケット開発)・ソーラーシティ(太陽光パネル)など手を出す事業ごとに大ヒットした神話的な存在だ。テスラが今年1-3月期まで12四半期連続で赤字を記録しているのに世界的企業の株式投資が続き、モデル3に37万台の予約注文が集まるのはすべてブランド力だというのが専門家たちの分析だ。イーベスト投資証券のオ・キュジンアナリストは「電気自動車1位の企業であるテスラに納品したという事実だけで、その会社が電気自動車部品で技術優位を占めているという証明になる」と説明した。

 
モデル3をわずか3万5000ドル(約4050万ウォン)で売ることにしたテスラは今後、韓国の部品企業をさらに積極的に発掘するという立場だ。先月27日に韓国を訪れたテスラのJ.B.ストラウベル最高技術責任者(CTO)は「韓国企業はさまざまな部分で非常に優れた能力を持つ協力企業」として「私たちが初めて電気自動車を作った時はほとんどの企業が私たちとの協業を敬遠したが、今や多くの企業らが私たちに向けて先に手を差し出してくる」と話した。


テスラCEOの一言で規模より大きいサムスンSDIの株価揺れる(1)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP