주요 기사 바로가기

中国軍艦が尖閣接続水域に…日本、夜中2時に中国大使呼んで抗議(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.06.10 09:33
0
中国とロシアの軍艦が約束でもしたかのように、中国と日本の領有権紛争地域である尖閣諸島(中国名・釣魚島)の接続水域に相次いで入ったと、日本政府が9日明らかにした。接続水域は沿岸から12-24海里(22-44キロ)で、沿岸国は出入国管理などの分野で一定の権限を持つが、第3国の船舶の航行の自由は保障される。

日本メディアによると、中国海軍所属の「江凱(ジャンカイ)I」級フリゲート艦1隻がこの日午前0時50分ごろ、尖閣諸島の久場島(中国名・黄尾嶼)北東側の接続水域に入ったのを日本海上自衛隊の護衛艦が確認した。中国海軍の艦艇は2時間20分ほど接続水域内を航行した。これまで尖閣諸島の接続水域周辺に中国の海洋警察船が何度か入ったことはあるが軍艦は初めて。

これに先立ち8日午後9時50分ごろ、ロシア海軍駆逐艦など3隻が尖閣諸島の接続水域に入り、9日午前3時5分ごろ抜けたと、日本防衛省は明らかにした。ロシア海軍艦艇は以前にも尖閣の接続水域を航行したことがあるが、中国軍艦と似た時間に入ったのは極めて異例だ。このため日本政府は首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置し、中露軍艦が同時航行した背景に対する分析に着手した。

安倍首相は報告を受けた後、予期せぬ事態に備え、米国などと緊密に協力を図りながら警戒・監視に万全を期すよう関係省庁に指示した。外務省の斉木昭隆事務次官は中国海軍艦艇が尖閣接続水域を航行したこの日午前2時、程永華駐日中国大使を外務省庁舎に呼び、「日本は中国が一方的に緊張を高める行為を受け入れることはできない」と抗議した。

菅義偉官房長官はこの日午前の記者会見で「緊張を一方的に高める行為であり、深刻に懸念している。尖閣諸島は歴史的にも国際法上でも日本固有の領土であり、領土と領海を断固として守り抜く」と述べた。菅官房長官はロシアにも外交チャンネルを通じて「注意喚起をした」と説明した。

中国海軍艦艇の尖閣接続水域航行は、日本で先月開催された主要7カ国(G7)首脳会議など国際舞台で日本が中国の南シナ海軍事拠点化を強く牽制したことに対する反発措置である可能性がある。G7首脳会議は当時、中国の海洋進出に関連し、「南シナ海と東シナ海の状況を懸念し、平和的な解決の重要性を強調する」という内容の首脳宣言を採択した。
中国軍艦が尖閣接続水域に…日本、夜中2時に中国大使呼んで抗議(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP