주요 기사 바로가기

1802年の日本の地図に「独島は朝鮮」、「尖閣は中国」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.11.21 11:24
0
日本は歴史的に独島(ドクト、日本名・竹島)は自国の領土だったと主張するが、日本人が制作した過去の地図は「独島は韓国の領土」と叫んでいる。独島を朝鮮の領土と表記した18-20世紀の地図を集めた『日本古地図選集』1巻(写真)が発刊された。社団法人ウリムンファカックギ会(会長ソ・ヨンフン)は20日午前、ソウル仁寺洞(インサドン)寛勲(クァンフン)クラブ信永研究基金会館で記者懇談会を開き、日本古地図選集の古地図の意味と今後の計画を明らかにした。

古地図選集の中にはウリムンファカックギ会が入手して一般に初めて公開する地図が多数含まれている。江戸時代の有名な地理学者・林子平(1738-1793)が制作した1802年版「大三国之図」、1937年に日本陸軍省陸地測量部が発行した「地図区域一覧図」、56年に日本建設省地理調査所が発行した「地図一覧図」など。このほかにも長久保赤水の「改正日本輿地路程全図」1778年本、日本幕府が企画した1807年の「日本辺界略図」、1875年に陸軍参謀局が発行した「朝鮮全図」など30点の地図が掲載された。ほとんど日本政府が直接関与して制作したものだが、共通して独島を朝鮮の領土と表記している。

特に「大三国之図」は林子平が1785年に制作した「三国通覧輿地路程全図」を修正・補完したものだ。日本の本土のほか、周辺国の朝鮮、流球・蝦夷などをそれぞれ異なる色で塗り、各国の境界を明確にした。黄色で塗られた朝鮮国の右側の海に鬱陵島と独島を並べ、同じ色を塗って両島を朝鮮領土に含めている。大きな島には当時の日本の鬱陵島の呼称である「竹嶋」、小さな島には当時の独島の呼称だった「松嶋」が表記されていて、その隣に「朝鮮のもの(朝鮮ノ持之)」という説明まで付いている。イ・ジンミョン編纂委員長(仏リヨン第3大学名誉教授)は懇談会で「大三国之図は韓国はもちろん日本や中国にもまだ知られていない。『独島は日本固有の領土』という主張が虚構であることをはっきりと示す重要な資料」と説明した。

またこの地図は、日本と中国が領有権紛争中である台湾北東側の尖閣諸島(中国名・釣魚島)を中国領土と表記していて関心を集めている。地図には列島の小さな島々が実際より大きく描かれ、島の峰は山を表示する緑色で、下側は中国領土と同じ朱色で塗られている。島の下には各島の名称が表記されている。林子平は「三国通覧輿地路程全図」でもこの島を中国大陸と同じ色で表記し、列島が中国の所有という認識を示している。ヤン・ボギョン大韓地理学会会長(誠信女子大地理学科教授)は「日本の周辺地域がひと目で分かるように描いたこの地図は、独島問題だけでなく、東洋三国の島嶼問題を整理するのにも大きく役立つとみられる」と述べた。

『日本古地図選集』に掲載された地図はイ・フンソク・ウリムンファカックギ会常任理事が過去2年間ほど日本や米国の地図競売を回りながら収集したものだ。このように集めた約200点の地図のうち、日本海軍省および出版社・報道機関が発行した地図を集めて2巻を、日本地理教科書などに掲載された古地図を集めて3巻を来年中に出す計画だ。イ常任理事は「完成すれば日本政府と軍隊はもちろん、民間が発行した地図まですべて網羅することになる。国が発行した地図と民間が出した地図が一貫して独島を韓国の領土と表記していることがひと目で分かるだろう」と述べた。

1巻出版とともに主要地図12点が入った「2016カレンダー:日本古地図に表れた独島」も同時に制作した。韓国語のカレンダーは国内の教育機関に、英語で制作したカレンダーは日本をはじめとする海外主要機関に送り、「独島は韓国の領土」であることを知らせる計画だ。ウリムンファカックギ会は「大三国之図」を作成した林子平を主人公にし、独島の歴史をストーリー化した童話や漫画の出版も準備している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    1802年の日本の地図に「独島は朝鮮」、「尖閣は中国」

    2015.11.21 11:24
    뉴스 메뉴 보기
    『日本古地図選集』に掲載された林子平の1802年の「大三国之図」。鬱陵島(ウルルンド)と独島(ドクト)の部分(左側上)には、当時の日本の鬱陵島と独島の呼称「竹嶋」「松嶋」と表記され、「朝鮮のもの(朝鮮ノ持之)」という説明がある。尖閣諸島(中国名・釣魚島、左側下)は島の下側を中国と同じ色を塗り、中国の領土であることを表示している。(写真=ウリムンファカックギ会)
    TOP