주요 기사 바로가기

露スホイは米駆逐艦に威嚇飛行…習近平、米軍尖閣発言に「戦闘準備」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.04.16 08:54
0
#ロシア戦闘機が米軍艦を威嚇した。高度150メートルまで降下しては、かすめるように飛行することを繰り返した。米軍艦の警告は無視された。ロシア戦闘機スホイ-24は、米海軍駆逐艦「ドナルド・クック」を相手に12回もこうした威嚇飛行を繰り返した。12日、黒海上で起きたことだ。スティーブ・ウォーレン米国防総省報道官は14日(現地時間)、「スホイ-24の威嚇飛行が90分も続いた」として「ロシアの行為は明白な挑発行為」と批判した。

#中国の習近平・国家主席が14日、人民解放軍の空軍指揮所を訪問した。習主席は「いつでも戦争できるよう精神武装を強化して、必ず勝てるよう戦闘準備をするように」と指示した。習主席の空軍訪問は、日本の沖縄に駐留する米第3海軍のジョン・ウィスラー司令官が「中国が尖閣諸島(中国名・釣魚島)を占領すれば米軍は海上・空中攻撃だけで中国軍を十分に撃退できる」と発言した直後のことだ。

米国を甘く見る国が増えた。オバマ大統領の無関与・非介入の外交政策が挑戦を受けているのだ。クリミア半島を武力で占領したロシアのプーチン大統領は「強いロシアはこれ以上、隅っこに追いやられていじめられることはないだろう」と話した。

それでも米国は、戦争の疲労感と連邦財政赤字に追われて“屈身”を強要されている。今年1月、化学武器を使ったシリアを相手にオバマ大統領が即刻軍事攻撃の代わりに議会に攻撃承認を要請したことが決定打となった。ライバル国はもはや米国を恐れない。国際情勢の流動性は大きくなった。シリア事態、ウクライナ事態などはその結果だ。
露スホイは米駆逐艦に威嚇飛行…習近平、米軍尖閣発言に「戦闘準備」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP