주요 기사 바로가기

韓国航空宇宙研究院、月探査用75トンロケットエンジン試験…報道陣に初公開

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.06.09 14:13
0
1/2
75tエンジン燃焼実験中のナロ宇宙センター(写真=韓国航空宇宙研究院)
2020年の月探査に使われる韓国型発射体の核心である75トンの1段推進液体ロケットエンジンの燃焼試験が報道陣に初めて公開された。韓国航空宇宙研究院(航宇研)は8日午後、全羅南道高興(チョンラナムド・コフン)の外羅老島(ウェナロド)宇宙センターで月探査用ロケットに使われる75トン級のエンジン燃焼試験を行った。

この日午後5時45分に始まったエンジン燃焼実験は、1キロ離れた統制室でも鼓膜がひびくほどの轟音と共に75秒間継続された。燃焼時に発生したロケットエンジンの冷却用水蒸気が雲のように地上100メートルまで立ちのぼった。

航宇研によればこの日75秒間にわたって行われたロケット燃焼時には主燃料の灯油30ドラム(5925キロ)や液体酸素など計94ドラム(1万8750キロ)の燃料と触媒剤が使われた。またロケットエンジン用の冷却用水9万リットルが1秒あたり1200リットルの速さで蒸発して巨大な水蒸気の雲を作り出した。月探査に出る韓国型発射体にはこの日燃焼実験を行った75トンのロケットエンジンが1段だけで4個、2段にも1個入る。3段ロケットには7トンのエンジン1つが入る。

航宇研のチョ・グァンレ院長は「今日75トンのロケットエンジンの75秒間の燃焼試験に成功したが、今は開始段階に過ぎない。まだ所感をいう段階でもない」として慎重な姿勢だった。

75トンの液体ロケットは航宇研の自己設計とハンファテックワンなど国内企業らの製作など純粋な国内の科学・技術で作られた。今年1月から始まった75トンロケット燃焼試験はこの日までに計9回行われた。今秋には140秒まで行われる本格的な燃焼実験に入るなどエンジン開発の最終的な成功までは計260回の燃焼試験を経なければならない。3段ロケットに装着される7トン液体エンジンは昨年4月に組み立てと燃焼試験を終えた。

キム・ジンハン発射体エンジン開発団長は「韓国型発射体の核心である75トン級液体エンジンを初めて開発してみたら燃焼不安定の問題があったが現在はある程度解決された」と話した。航宇研によればこれまでロケットエンジン実験中に原因が分からない共振現象が発生し、実験過程が予定よりも1年以上遅れた。

韓国型発射体を利用した月探査計画は2020年を目標に第1段階(2016~2018年)と第2段階(2018~2020)過程に分けて進めている。まず第1段階の目標である「国際協力型試験用の月周回衛星開発および発射を通した月探査自力基盤の確保」のためにロケットエンジン開発と試験用の月周回衛星の開発、深宇宙通信地上局の構築などが進行中だ。第2段階の目標は「月周回衛星と月着陸衛星の独自開発および自力発射」だ。だが第2段階開発のための予算確保とアメリカ航空宇宙局(NASA)との協力など行く道は遠い。

ある宇宙科学界の要人は「2020年の月探査目標は朴槿恵(パク・クネ)政権に入ってから本来の計画よりも前倒しになった」としながら「2020年を宣言的な意味の目標と考えて、計画より遅れても着実に研究開発をしていかなければならない」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP