주요 기사 바로가기

孫正義会長も借金は恐ろしい…アリババ株79億ドル相当売却(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.06.02 08:56
0
孫会長がアリババの株式を売却した代金で負債を返しても負債は目立って減ることはなさそうだ。負債11兆9000億円のうち8700億円程度だけ返せるからだ。状況によってはアリババの株式をさらに売らなければならないかもしれない。孫会長にはありがたくないことだ。彼はアリババの株式を大事にしていた。どれだけ大切に考えているかは今回の株式売却方式にも表れている。

孫会長は全売却分79億ドルのうち50億ドル分は金融テクニックを最大限動員して所有権を3年ほど維持し売却効果を出す方式を選んだ。先に自身が招いた機関投資家の金を受け取ってファンドを設立し、ここにアリババの株式50億ドル分を譲り渡す。

代わりにファンドに参加した機関投資家は四半期ごとにソフトバンクが払う利子の性格の現金を受け取る。アリババの株式は3年後に譲り受ける。株式数はその時のアリババの株価を基準として決まる。

ブルームバーグは「ファンドに参加した機関投資家は後でアリババの株式10億ドル分を買い取る権利をおまけに受けられる」と伝えた。

残りの29億ドル相当はアリババ(20億ドル)、アリババのパートナーからなるグループ(4億ドル)、大手政府系ファンド(5億ドル)に配分された。孫会長が出したアリババの株式は1株も市中には出てこないわけだ。

アリババは自社株24億ドル相当を買い取ることになった。馬雲会長とアリババのパートナーからなるグループが保有する持ち分率が10%に満たない状況で自社株買い入れは乗っ取り攻撃を防御するのに役立つかもしれない。馬雲会長はこの日声明で「アリババが自社株を買い入れるのは会社資金を最も適切に使うもの」と主張した。
孫正義会長も借金は恐ろしい…アリババ株79億ドル相当売却(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP