주요 기사 바로가기

朴大統領も乗り出したが…中国に奪われる韓国の電子決済市場(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.07.22 11:41
0
世界最大の電子商取引会社の中国アリババグループが簡単で早い決済方式を掲げ韓国の電子決済市場に進出した。アリババグループのすべての電子商取引サイトの決済システムを構築した「アリペイ」が韓国企業に「中国の消費者と簡単に会える機会を与える」と手を差し出したのだ。韓国政府が「アクティブX」と「公認認証書」で外国人のオンラインショッピングの道をふさいでいる間に電子決済市場の主導権を中国に明け渡すことになったわけだ。

朴槿恵(パク・クネ)大統領は3月20日に規制改革討論を行い、アクティブXと公認認証書問題を取り上げた。中国など海外でも大ヒットした韓国ドラマのヒロインが着ていた服を買いたくても韓国には適当な決済窓口がなく、目の前で海外の顧客を逃しているという指摘によるものだ。

だが、4カ月が過ぎたこれまでの内外の消費者が体感できる変化は大きくない。金融監督院は6月から公認認証書がなくても30万ウォン以上の電子決済ができるようにしたが、銀行やカード会社など金融機関は依然として消極的だ。今月に入り公認認証書に代わる保安認証技術が金融監督院の保安審査を通過した。これも金融機関が受け入れなければ使い道がない。こうした状況からみると世界市場で通じるほどの決済プラットフォームを出すのはもっと大変だ。韓国の電子決済代行2位のLGユープラス関係者は、「10年以上アクティブXに閉じ込められていたため海外の消費者に通じる決済プラットフォームを作ることもできなかった」と話した。

これに対し世界最大の消費市場と生産基地を持つ中国は機敏に動いている。アリババに流れ込む決済需要を一手に引き受けるアリペイが代表的だ。アリペイは中国版ペイパル(イーベイ)でありワンクリック(アマゾン)だ。オンラインで販売者と消費者の間に立って決済を代行してくれる。消費者はアリペイのアカウントにクレジットカードや銀行口座をリンクしたりチャージした資金で決済する。アリペイが提携した電子商取引サイトは別途の会員加入やログインをせずに決済まで終わらせられる。


朴大統領も乗り出したが…中国に奪われる韓国の電子決済市場(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    朴大統領も乗り出したが…中国に奪われる韓国の電子決済市場(1)

    2014.07.22 11:41
    뉴스 메뉴 보기
    プログラム「ActiveX」と電視身元確認システム「公認認証書」のせいで中国の消費者が購入できなかった女優チョン・ジヒョンの「チョン・ソンイ・コート」。
    TOP