주요 기사 바로가기

韓国国防部「北のSLBM技術進展…3、4年以内に実戦配備」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.04.25 08:36
0
北朝鮮の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)が3、4年以内に実戦配備される可能性があると、韓国国防部が24日明らかにした。前日に北朝鮮が咸鏡南道新浦(シンポ)の北東側の東海(トンヘ、日本名・日本海)上で奇襲発射したSLBMを分析した結果だ。

国防部のムン・サンギュン報道官は24日、「北がSLBM開発を急いでいて、水中射出能力などで一部の技術的進展があると評価される」と述べた。続いて「SLBMの戦力化には3、4年かかるという見方があるが、それよりも早い時期に戦力化する可能性もある」と話した。ムン報道官は「韓国軍は北のSLBM脅威に対して潜水艦・海上哨戒機・イージス艦などを活用した対潜水作戦を遂行中で、キルチェーン・韓国型ミサイル防衛(KAMD)システム構築を通じて実効的な対応を補強する」と説明した。

これに先立ち合同参謀本部は「23日午後6時30分ごろ、北の東海上でSLBMと推定される飛翔体1発が発射され、飛行距離はSLBM最短射程距離の300キロに大きく及ばない約30キロだった」と述べ、試験が失敗した可能性が高いとみている。

一方、北朝鮮は発射試験を「歴史的成功」と主張した。朝鮮中央通信は24日、「我々の水中発射体の信頼性が完全に確証された」とし「新しく開発した大出力固体発動機が使用された」と報じた。固体発動機とは固体燃料を使用するエンジンを意味する。固体燃料は液体燃料に比べて安定的にSLBMを発射できる。北朝鮮の労働新聞も24日付1面に発射試験を現地指導した金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の姿とミサイル水中射出の場面を大きく掲載した。

慶南大極東問題研究所のキム・ドンヨプ教授は「SLBM開発で最も難しい技術が水中射出の後にエンジンを点火するコールドロンチ(Cold Launch)だが、北がこの段階に成功したとみられる」と述べた。

外交部と国際社会は「国連安全保障理事会の対北制裁決議(2270号)違反」として強く糾弾した。外交部はこの日、報道官の名義で「安保理決議の忠実な履行とともに国際社会の対北制裁および圧力の努力を強化していく」と明らかにした。米国務省もカービー報道官の論評で「北朝鮮が国際的義務を忠実に履行するのに努力することを促す」と強調した。

◆北朝鮮、5回目の核実験が秒読み段階=金正恩はすでに先月15日、「早期に核弾頭爆発試験と核弾頭の搭載が可能な弾道ロケットの試験発射を断行するべき」と指示した。したがって北朝鮮の5回目の核実験が迫っているという見方が多い。人民軍創建日(4月25日)から第7回労働党大会が予定されている5月初めまで一日一日が峠になるということだ。自由民主研究院のユ・ドンヨル院長は「北が5月の党大会直前に核実験を敢行する可能性が高い」と予想した。洪容杓(ホン・ヨンピョ)統一部長官は記者懇談会で「北の党大会は薬でなく毒になる可能性がある」とし「北は無理に党大会を開催しようとするが、望み通りに状況が展開するかは懐疑的」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP