주요 기사 바로가기

ソウル大、ノーベル賞級学者を招聘したが…正規講義「ゼロ」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.04.05 08:00
0
ソウル大経済学科に在学中のキムさん(27)は当時の状況について「ノーベル賞を受賞した学者が学部2、3年レベルのマクロ経済学特講をなぜ引き受けたのか分からない」とし「校内でも広報は十分に行われず、英語の授業という点のために受講をあきらめる学生も多かった」と話した。

これに関しソウル大側は「講義はしなくてもセミナーと共同研究はしている」と述べた。しかし招聘学者が国内に滞在する期間は短ければ1年間に6週間、長くても2、3カ月間にすぎない。この機関も外部の特講と日程が詰まり、実効性がないという指摘がある。

また、大学評価で高い点数を得るために人数を増やしてきた外国人教授に対する体系的な管理・支援策にも問題が多い。外国人教授は住宅をはじめ、あらゆることを自分で解決しなければいけない。

中国・日本など外国人教授の現地適応を支援するコーディネーター・メンタリング制度がないからだ。さらに序列・純血主義が強い韓国大学文化も適応を妨げる要素だ。

オ・セジョン・ソウル大物理・天文学部教授は「ある外国人教授は『生活上のサポートどころか研究施設の利用や学校生活などに対する基本的な支援システムもないと不満を表していた」と伝えた。
ソウル大、ノーベル賞級学者を招聘したが…正規講義「ゼロ」(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP