주요 기사 바로가기

人工知能企業のM&A、サムスンがいつのまにか世界ビッグ4に(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.04.01 15:54
0
IoTにも熱い視線を送っている。AIをベースに生活の中の事物を有・無線ネットワークでつないで情報を共有することができる。例えば、ユーザーの日常に合わせて洗濯機や暖房を自動で調整して作動させ、誕生日パーティを開けばAIがこれを認識してそれに合う照明や音楽を準備することもできる。

サムスン電子は研究開発(R&D)を拡大して、AIスタートアップに対する投資を今後も拡大していく予定だ。サムスン電子のイ・インジョン無線事業部副社長は先週、ブルームバーグとのインタビューで「すべての可能性に扉を開きつつ、AIやソフトウェア(SW)部門でM&Aの対象を積極的に探している」とし「AIは選択ではなく必須」と述べた。

これには未来成長動力を準備しなければならないというサムスンの危機意識が含まれているというのがIT業界の分析だ。グーグルやアップルなどは強力なソフトウェア(SW)パワーをベースに、自動運転車やロボット、知能型検索のような未来市場に事業の軸足を移している。

半面、サムスンは成長の壁にぶつかったハードウェア事業の比重が今も絶対的だ。グーグルやアップルのように圧倒的なプラットホームを持っているわけでもない。結局、既存の製造ノウハウとSWとの融合を通した新産業領域で事業を拡張しなければならないということだ。ここで核心SWとして注目されているのがまさにAIだ。

サムスン電子の核心関係者は「AIの場合、ユーザーのオーダーメード型サービスを数多く提供できる点で、スマートフォンや家電とすぐにシナジー効果を出すことができ、他の産業への拡張性も大きい」とし「特にユーザーの好みを理解できるように訓練させれば、ロックイン効果(特定の製品やサービスに消費者を囲い込む効果)も期待できる」と話した。ブルームバーグはサムスン電子が610億ドル(約7兆円)に達する現金資産を活用してSW中心の会社へ変身しようとしていると分析した。
人工知能企業のM&A、サムスンがいつのまにか世界ビッグ4に(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP