주요 기사 바로가기

【コラム】若者たちに挑戦の機会を与えよう=韓国(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.03.28 16:01
0
その上、高齢になられた多くの方々が貧しく暮らしている。場合によっては自ら食事を取る力がなさ過ぎて飢え死ぬケースもある。韓国を建設した彼らには助けが切実に必要だ。だが彼らを助けようとする若者たちは給料を多くもらう仕事を探せない。

李世ドル(イ・セドル)師範とグーグルのディープマインドのアルファ碁(「アルファ囲碁」と呼ぶかもしれない)の間の対局が最近私たちに分からせてくれたように、素早い技術の変化が提起する挑戦に対応する解決策を探し出すために、すべての若者の想像力と創造力を動力として活用する必要がある。

もし人間が技術の発展に肯定的な方向性を提示できるならば希望があるかもしれない。このためには利潤追求の過程で技術が私たちの経験を非人間的にするのではなく、技術が私たちの社会で真の目的に奉仕するよう誘導しなければならない。

そして北朝鮮の着実な武器開発はコンピューターの発展と同じ指数曲線に従っている。北朝鮮が開発するミサイルと爆弾がどの程度まで精巧になるのか限界が見られない。そういう武器技術の発展を北朝鮮だけが追求しているわけでもない。こうした新たな脅威に対処するためには、すべての若者たちが固定観念を打ち破る新しいソリューションの創出に参加しなければならない。だがコーヒーショップで働く若い男性や女性たちには、私たちの時代の挑戦を解決するために寄与する役割が許されていない。コーヒーショップはただ彼らの注意を関係のない所に向けるだけであり、私たちが直面している脅威を忘れさせる。

未来の韓国経済の原動力は技術ではないだろう。未来の韓国経済は、技術に方向性と目標を付与できる創意的な人々が導くだろう。

これらの若者は物を売るために必要な顧客ではない。そして彼らは消費のために提供される商品でもない。彼らは韓国の未来であり、半導体工場や新たな不動産投資よりもはるかに価値がある。彼らが自身の潜在力を完全に実現するようしっかりと支援することが、韓国が前に進める唯一の道だ。

エマニュエル パストリッチ 慶熙(キョンヒ)大学国際大学教授

◆外部者執筆のコラムは中央日報の編集方針と異なる場合があります。
【コラム】若者たちに挑戦の機を与えよう=韓国(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP