주요 기사 바로가기

韓流ブームに乗ったKフード、世界の舌を魅了する(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.03.23 10:27
0
グローバル市場でCJ第一製糖は戦略製品である冷凍ギョーザ、たれ・調味料類、即席ごはん、のりを中心に消費者の舌を攻略するのに注力している。またプレミアム級キムチ、野菜ギョーザ類、ハラル認証キムチ、スナックのりなどで世界最大の食品市場に浮上しているハラル食品市場を攻略している。CJフードビルは2020年に世界トップ10に入る外食専門企業になることを目標に、グローバル部門で「トゥレジュール」「ビビゴ」を中心に中国と米国で本格的な事業拡大に出る計画だ。これまで直営だけで出店してきたビビゴが海外パートナーとの協力を通じ堅実な拡大にも乗り出す。

◇パンの本場フランスに進出したパリバゲット=パリバゲットはパンの本場であるフランスに進出し韓国のパンの味を知らせている。2014年7月に韓国で初めてパリに進出し、今後欧州と汎フランス文化圏の国に進出する契機を整えた。1号店の成功を受け昨年7月にはパリのオペラ地区に2号店も開いた。

パリバゲットは2004年9月に中国・上海に進出してから現在では中国、米国、ベトナム、シンガポール、フランスに約200店を開き、韓国ベーカリーの優秀性を世界に知らせている。中国では2012年8月に100号店をオープンし、ブランド認知度や運営システムが現地市場で定着した。米国にも2002年に現地法人を設立した。2005年10月にロサンゼルスのコリアンタウンにパリバゲット1号店を開き、カリフォルニアとニューヨークを中心に現在44店を運営している。東南アジア地域では2012年3月にベトナムのホーチミンにグローバル100号店となるベトナム・カオタン店をオープンし本格的に進出した。同年9月にはシンガポールに初めての店舗を開いた。2014年には韓国で初めてシンガポールのチャンギ国際空港に進出し韓国食文化を伝播している。

◇農食品のグローバル進出拡大に向け多様な支援策=韓国政府は農食品分野でグローバル進出を積極支援している。農林畜産食品部が主催し韓国農水産食品流通公社(aT)が主管する「Kフードフェア」は韓国食品に対する関心が高い海外の都市を直接訪ね韓国の農食品と文化を体験できるよう機会を提供する大規模食文化融合複合行事として定着した。

2013年に始まったKフードフェアは中華圏、東南アジア、ハラル市場など輸出有望市場で韓国農食品の新規需要創出とプレミアムイメージ拡散のために開かれる。行事を通じ輸出拡大を図り韓国の農食品中小企業の海外市場進出の橋頭堡の役割をしている。2013~2014年に行事開催国への輸出増加率はそれぞれ12.3%と5.8%という実績を上げた。

現地バイヤーとの1対1の輸出商談会、消費者体験行事で構成され、現地バイヤーと開催都市の市民が韓国食品と文化まで経験できるようにする。Kフードフェアを通じ韓国食品に対する海外消費者認知度をアップして農食品輸出を増大するのに寄与している。

韓国農水産食品流通公社は現在海外アンテナショップ設置を希望する企業、新規商品や既存商品を改善して輸出を考える企業を支援する輸出企業情報総合管理システムを運営中だ。


韓流ブームに乗ったKフード、世界の舌を魅了する(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP