주요 기사 바로가기

アップル・サムスンのデザイン特許、裁判は米最高裁で

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.03.22 11:12
0
米国の連邦最高裁が21日(現地時間)、アップルとサムスンの特許侵害損害賠償事件についてサムスン側が出した上告許可申請を認めた。

ロイターなど外信報道によればこの特許侵害損害賠償事件は2011年、アップルがサムスン電子のギャラクシーS、NexusS、「ギャラクシータブ」が特許を侵害したとして訴状を出しながら提起された。iPhoneの丸い角とベゼル(縁)デザイン特許を侵害したというのが訴訟提起の理由だった。

1審はサムスンがアップルに9億3000万ドルを賠償するよう判決したが、控訴審をたどりながらiPhoneの特許の一部が無効の判定を受けた。昨年5月に出てきたこの事件の控訴審判決により、サムスン電子は5億4817万ドルの損害賠償額を昨年12月アップルに支払った。

サムスン電子の上告許可の申請を連邦最高裁が受け入れるにつれ賠償額のうちの3億9900万ドルの部分が上告審で再検討することになる。米国最高裁がデザイン特許事件を扱うのは約120年ぶりだ。デザイン特許に関して上告が許可された事例は1890年代のカーペットのデザイン関連訴訟が最後だった。

サムスン電子は昨年12月に提出した上告許可申請書で「特許として登録されたデザインが、箸やスプーン、カーペットのケースでは核心的特徴でありうる。だがスマートフォンはデザインに関係なく注目するだけの機能を付与する多くのほかの特徴を持っている」と主張した。

当時グーグルやフェイスブックなど9社の企業も「サムスンがアップルの一部デザインの特許を侵害したとしても、アップルに過度な補償金を支払うべきではない」という共同意見書を最高裁に提出した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP