주요 기사 바로가기

特許数同じのソウル大と東大、ロイヤルティ収入は大きな格差(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.12.15 09:06
0
「今日の韓国経済を作った主役」。過去工科大学に捧げられた献辞だ。だが、最近は「現実とかけ離れた論文中心の研究をする」「これ以上昔の工科大学ではない」という声が多い。韓国と教育システムや環境が似た日本の大学の革新事例を通じ今日の韓国の工科大学の姿を振り返ってみた。韓国の大学街に吹きつつある変化の風も紹介する。

#レゾニック・ジャパンの川口卓志代表は8日にドイツ出張から帰ってきた。彼の会社は3次元計測専門のベンチャー企業だ。機械部品などの重心や慣性モーメントを測る精密技術を持っている。川口代表は東京工業大学(機械工学科)博士課程時代に会ったドイツ人留学生と創業した。学校の支援を受け2011年にドイツ本社のレゾニックGmbH、昨年に日本子会社のレゾニック・ジャパンを設立した。恩師である大熊政明教授も参加した。彼の会社は今年4500万円の売り上げを出した。

#先月11日、日本の生命工学ベンチャーのペプチドリームは7~9月期決算報告書を出した。3カ月間の売り上げは1億4100万円、純利益は2100万円だった。来年6月まで1年間の売り上げは17億2400万円、純利益は3億6700万円と予想した。昨年上場した時に比べそれぞれ110%と147%の成長となる。この会社は2007年に東京大学の菅裕明教授(現社外取締役)が開発した技術を基に創業した。東京大学の技術移転機関である東京大学TLOが特許出願などを担当し、東京大学エッジキャピタル(UTEC)が投資した。

象牙の塔の中にとどまっていた日本の大学が変身している。産学連携の元祖である米国に比べれば足りないが、韓国よりははるかに先を行くという評価だ。特に東京大学、東京工業大学など名門国立大学がこうした変化を主導している。
特許数同じのソウル大と東大、ロイヤルティ収入は大きな格差(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP