주요 기사 바로가기

日本に略奪されたという智光国師塔の獅子像、韓国中央博物館収蔵庫にあった

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.03.17 07:34
0
日本に略奪されたと考えられてきた「原州法泉寺址智光国師塔」(国宝101号)基壇部の獅子像が国立中央博物館の収蔵庫に保管されていたことが確認された。

景福宮(キョンボックン)国立古宮博物館の境内にある智光国師塔は9回以上も場所を移しながら塔自体がかなり破損した状態だ。今月から全面解体・補修作業に入り、2019年までに保存処理する計画だ。

文化財庁の関係者は「国立文化財研究所が智光国師塔の解体と復元を控えて昨年、文献調査をする過程で獅子像が保存処理され、国立中央博物館の収蔵庫にあることを確認した」と明らかにした。

博物館は韓国戦争(朝鮮戦争)以降、盗難の危険と安全を考慮して収蔵庫に保管したと推定されると明らかにした。しかし文化財庁の関係者は「博物館から連絡を受けることができず、獅子像がどこにあるのか分からなかった」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日本に略奪されたという智光国師塔の獅子像、韓国中央博物館収蔵庫にあった

    2016.03.17 07:34
    뉴스 메뉴 보기
    獅子像があった智光国師塔の基壇部(赤い円)。
    TOP