주요 기사 바로가기

【コラム】恥ずかしいお金持ちの国=韓国(1)

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2016.02.29 15:42
0
韓国と香港は一時「アジアの4頭の小さな龍(四小龍)」と呼ばれる4カ国に属していた。そのため国際的な視点で見ると、小さいけれども丈夫な経済構造を誇るという共通点を持っていた。韓国は香港に比べ土地も広くて人口も多い。だが国民総生産(GNP)は香港のほうが1万ドル高い。今の香港は中国領だが政治・経済体制は依然として一国両制を維持している。一国家の中に社会主義と資本主義の共存を認めていることだ。

韓国と香港が持つさまざまな共通点と差異点にもかかわらず、韓国が到底追いつけない面が1つある。すなわち富の再配分の問題だ。香港のお金持ちは財産の寄付と社会還元に積極的だ。そのような風土とともに住居・教育などほとんどすべての部門で国家福祉制度が施行されている。その先頭に、香港で最も大きな富豪である李嘉誠会長がいる。アジアで最高、世界でも10本の指に入る大金持ちだ。彼の個人資産は30兆ウォン(約2兆7000億円)を超えると言われている。クリーニング屋の従業員から始めて途方も無い富を成し遂げた、独力で成功した代表的な凡例に該当する。

ところで彼は今でも5万ウォン以下の安い靴を履き、10万ウォン以下の洋服を着ている。飛行機は必ずエコノミー席に固執するほど質素だ。それだけならばただ噂になっていたケチで終わるかもしれない。だが彼はアジアで一番の寄付者だ。毎年彼が出す奨学金は3000億ウォンを超える。それも会社名義のお金ではなく自身の個人資産から出すというのが世の中の普通の富豪と違う点だ。特に韓国のお金持ちや財閥とは明らかに異なる。世界の億万長者の中には自ら質素に生きながらも天文学的数字の寄付を惜しまないお金持ちが本当に多い。(中央SUNDAY第468号)
【コラム】恥ずかしいお金持ちの国=韓国(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP