주요 기사 바로가기

韓国、高齢者貧困率OECD1位…貧富の格差も平均以上

ⓒ 中央日報日本語版2015.05.22 14:41
0
韓国の老人貧困率が経済協力開発機構(OECD)加盟国で最も高いことが分かった。

21日(フランス時間)、OECDが発表した報告書によると、2012年基準で韓国65歳以上の高齢者層の相対的貧困率は49.6%でOECD平均(12.6%)をはるかに超えて加盟34カ国中で最も高かった。

また、韓国の富裕層上位10%の平均所得は貧困層下位10%平均所得の10.1倍で、OECD平均(9.6倍)よりも高かった。英国や日本も約10倍で、米国は19倍と所得格差が非常に大きかった。

資産格差は所得格差よりも大きかった。OECD加盟国の2012年上位1%富裕層は全体資産の18%を保有していたが、下位40%は3%だけだった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP