주요 기사 바로가기

翼をつけた「観光日本」…気まずい関係の韓国人も大歓迎(2)

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2016.02.22 10:19
0
◆伝統工芸品・食の商品化に積極的に取り組むべき

こうした余波で韓国の観光産業の空洞化がいち早く進行している。韓国を再び訪れる観光客が減っているのが最も大きな問題だ。隣国の日本を尋ねる中国人観光客は昨年499万4000人余りで史上最高を記録した一方、韓国を訪れた中国人観光客は598万4000人余りで前年対比2.3%の減少となった。このような結果を呼んだのは再訪問(リピート)率だ。韓国は2011年に31.5%だった中国人観光客の再訪率が2014年20%台に下落した。再訪率が下がりながら難しくなったのは市中免税店も同じだ。業界関係者は「ルイ・ヴィトンやシャネルのような名品ブランドの誘致が難しい上に観光客の誘引まで日本に追撃されて新規で市中免税店の許可を受けて営業を始めた場所の売り上げが振るわないそうだ」と耳打ちした。

一方で日本はリピート率が高い。地域ごとに見どころ・食べ物・お土産の種が多いからだ。中国人観光客の足は、東京・大阪だけではなく日本各地をあまねく訪ね歩く。日本政府は誘致目標を立てながら山間部に注目した。勝手に訪れてくれる大都市よりも、山間部に観光客を引き込んでこそ新しい顧客を創り出せるという発想からだ。北アルプス周辺の高山・富山のような場所は雪を観光商品化するのに成功した。2200円を出してゴンドラに乗ってスキー場の頂上に上がって再び4000円を出して雪道トレッキングをするコースは韓国人もよく訪れる。この余波で韓国内の旅行業界は死に絶えるような危機に直面した。国内1万7000余りの観光業者の中で相当数はインバウンド(外国人の誘致)をあきらめてアウトバウンド(韓国人の海外観光)に事業を再編するケースが続出している。未来の主軸産業である観光が国家の戦略的政策の不在で根っこから干からびてしわくちゃになっているという話だ。

ペ・グクァン嘉泉(カチョン)大学招へい教授は「韓国にも太白山(テベクサン)や漢拏山(ハルラサン)はもちろん平昌(ピョンチャン)オリンピックが開かれる山間地域は豊富な降雪量だ」として「これを韓流商品とつなげて韓国固有の食と結合し新しい観光商品を作り出さなければならないだろう」と話した。すでに需要はある。見識の高い一部の観光客はソウルにとどまらず地方に足を移している。だが交通の不便と地域別の特化商品不足が障害だ。結局、外国人観光客が訪れる都市比重を分析してみればソウルが80%、済州島(チェジュド)が18%に達する。昨年ソウルと済州島以外の地域だけを訪れた外国人が3万人にすぎないという話だ。

韓国は広報不足も問題だ。外国人にあまり知られていない伝統工芸品や食べ物が少なくないが、商品化できなかった。韓国文化観光研究院のイ・ソンテ副研究委員は「近ごろ日本の外国人観光客が増加したのは、円安以外にも誘致拡大のためのビザ制度の改善、航空路線の拡大、外国語の案内体系整備など体系的対応の効果」として「韓国も観光品質を高めて航空路線や座席を拡大するなど全国の地方自治体レベルで外国人観光客誘致を狙って実力を伸ばす必要がある」と指摘した。(中央SUNDAY第467号)
翼をつけた「観光日本」…気まずい関係の韓国人も大歓迎(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    翼をつけた「観光日本」…気まずい関係の韓国人も大歓迎(2)

    2016.02.22 10:19
    뉴스 메뉴 보기
    高山を訪れた中国人観光客たち(写真上)、高山の雪道トレッキングをしている韓国人観光客。
    TOP