주요 기사 바로가기

韓国はテーマパークの墓場か…グローバルビッグ3誘致、いつも頓挫(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.01.05 10:07
0
仁川市延寿区(インチョンシ・ヨンスグ)の旧松島(ソンド)遊園地の近郊には、空地として放置されて7年になる敷地がある。雑草が生い茂る工事現場の仕切り板の後ろに「パラマウント・ムービーパーク コリア新築工事」という文字が目に映る。米国の大手映画製作会社パラマウントがテーマパークを作ることにしていた所だ。『ミッションインポッシブル』『インディージョーンズ』のような有名映画撮影セットをアジアで最初につくり世界的な観光地として脱皮させるという野心に満ちた計画も発表された。しかし2008年グローバル金融危機直後に資金源が行き詰まり、事業は失敗に終わった。近隣で17年間、S公認仲介所を運営しているチョン氏(58)は「恋人たちもたくさん訪れる地域だったが、ものさびしくなってから久しい。事業の白紙で周辺の商業者たちの被害が大きい」と話した。

2007年以降、国内ではパラマウント・MGM・ユニバーサルスタジオなどハリウッド映画製作社のテーマパーク建設計画が発表されたが、実現したものはただの1カ所もない。金融危機にともなう資金難と国内事業者との摩擦でいつも困難に陥った。韓国が「テーマパークの墓」になった理由だ。

釜山鎮海(プサン・チンヘ)経済自由区域内にグローバルテーマパーク事業を推進している慶尚南道(キョンサンナムド)もやはり2014年にハリウッド映画会社フォックス社と了解覚書(MOU)を締結したがそれ以上の進展が見られずにいる。最近、韓国水資源公社が京畿道華城(キョンギド・ファソン)にユニバーサルスタジオを再推進すると発表したが、米国ユニバーサルスタジオ本社がこれを否定しながら「テーマパーク残酷史」が再演されるのではないかという憂慮が出てきている。

水資源公社は発表が多少性急だったという事実を認めながらも「昨年ロサンゼルスでユニバーサル担当社長と会合を持って数回書信を交換した」と釈明した。中央日報は水資源公社の釈明内容について米国ユニバーサルスタジオに再度確認の電子メールを送った。これに対しユニバーサル側は1日(現地時間)「韓国に事業性があるのか調べているところだが、今回の水資源公社発表とは何の関係もない」という回答を伝えてきた。
韓国はテーマパークの墓場か…グローバルビッグ3誘致、いつも頓挫(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP