주요 기사 바로가기

韓国副首相、日本と形勢逆転の可能性を指摘…「走っていく日本、這っていく韓国」

ⓒ 中央日報日本語版2015.05.20 15:03
0
韓国の崔ギョン煥(チェ・ギョンファン)経済副首相兼企画財政部長官は20日、構造改革の遅延によって、長期沈滞から抜け出しつつある日本と形勢が逆転する可能性があると強調した。

崔副首相は同日、政府ソウル庁舎で経済関係長官会議を主宰して「我々の構造改革は利害集団間の葛藤によって大きな進展を示すことができないでいる」としながら「ややもすると、走っていく日本に対して“這っていく韓国”に転落しかねない」と指摘した。

崔副首相は「アベノミクスの3本の矢である成長戦略は規制改革と対外開放を両軸としている」とし「特に農業、医療、観光などの分野で“岩盤規制(役所や関連団体による強い反発で規制緩和などができないこと)”に対する改革の成果が次第に表面に表れてきている」と伝えた。

崔副首相はまた、「日本は経済社会的に韓国と多くの構造類似点があるため、日本の規制改革方式と関連して反面教師にできる点を綿密に検討しなければならない」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP