주요 기사 바로가기

金正日を震え上がらせたラプター、機体に武器隠してステルス最大化(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.02.18 08:28
0
米空軍はこの日、異例にも着陸したF-22も韓国メディアに公開した。しかしF-15K、F-16とは違い、F-22は機体の外部から武器が見えなかった。ステルス性能を最大化するためすべての武器を内部の兵器庫に搭載している。記者らの心を読み取ったのか、空軍の関係者は「北に対する武力示威レベルで緊急出撃したのに、機体だけで来るはずはない」と話した。F-22は空対空武器ではAIM-120とAIM-9サイドワインダーミサイルを装着し、地上を攻撃する武器では1000ポンド級GBU-32を搭載する。核兵器も搭載できる。最大速力マッハ2.5以上で、作戦半径は2170キロにのぼる。

テレンス・オショーネシィ米第7空軍司令官は記者会見で、「今回の任務は韓半島の安定を維持しようとする韓米両国の決意を見せること」と述べた。特にこの日の訓練に参加したF-22ラプター4機のうち2機は一時的に烏山基地に残留する計画だ。

◆米国、6大武器を韓半島に

国防部の当局者は「米国が北への大々的な軍事的圧力のために3月までに6大武器を順に韓半島に展開する予定」とし「先週、韓米共同作戦企画チーム(OPT)会議などでこのように決めた」と述べた。6大武器とはB-52戦略爆撃機、原子力潜水艦、F-22(ラプター)、海上事前集積船隊(MPSS)、原子力空母、B-2ステルス爆撃機をいう。一方、東海(トンヘ、日本海)上ではこの日、韓米海軍が海上哨戒機訓練を実施した。海軍の関係者は「海軍のP-3海上哨戒機と米海軍のP-8がともに飛行訓練などを行った」とし「仮想状況を通じて敵の潜水艦と推定される水中標的の識別、攻撃など連合作戦に熟達した」と述べた。
金正日を震え上がらせたラプター、機体に武器隠してステルス最大化(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP