주요 기사 바로가기

韓国空軍、世界唯一の部隊を解体(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2014.06.16 11:29
0
先月30日、韓国空軍は部隊を一つ解体した。ナイキ(NIKE)という地対空ミサイルが配備された部隊だ。この部隊は「ナイキ」を保有する世界唯一の部隊、最後の部隊だった。ナイキは第2次世界大戦後、旧ソ連の戦闘爆撃機にとって恐怖の対象だった。1965年に米軍から譲られた後、50年間にわたり領空を守ってきた。そのナイキも今はパトリオットミサイルに役割を譲った。

イ・ヨンス空軍防空誘導弾司令官(空軍少将)は「ナイキ部隊の創設後、戦友のようなナイキが任務を果たし、誇らしく退役することになった」とし「ナイキはもう我々の空軍の歴史の裏の道に行く」と述べた。

韓国軍は韓国戦争(朝鮮戦争)後に米軍から無償で受けた武器で軍隊を設けた。70年代以降は自主国防政策に基づき武器を大幅に入れ替え、大規模な事業を通じて戦力の空白を一つずつ埋めてきた。それだけに淘汰中またはその予定の武器も増えている。

その代表的な武器は69年に米軍の特別軍事援助で初めて導入されたF-4Dファントム戦闘機。導入当時は音速の2倍以上の速度で飛び、「ミグ機キラー」「空の鬼」と呼ばれるほど最先端だった。北朝鮮の軍事脅威が高まった70年代には、自主国防のために国民が集めた防衛資金163億ウォンのうち65億ウォンでファントム5機を購入するなど、空軍は計70機ほどのファントムを運営した。

空軍の関係者は「ファントムは韓国軍がベトナム戦争3次派兵の見返りとして米国から6機を入れた後、追加で導入し、韓国空軍の主力として活躍した」とし「ファントムの導入で戦力を逆転させたが、導入から40年以上が経過し、淘汰された」と話した。

第2次世界大戦当時にパットン戦車と呼ばれたM-47戦車も2000年代初めにすべて姿を消した。韓国戦争当時、北朝鮮軍の旧ソ連製戦車に対応できなかった痛恨の経験を持つ韓国軍は、戦車(M-47、M-48)を数百台導入して保有した。88戦車としてよく知られているK-1戦車が生産され、M-47戦車は退いた。

一方、導入から40年過ぎたM-48戦車は一部淘汰されたが、東部とペクリョン島・延坪島(ヨンピョンド)などで依然として活躍している。軍の関係者は「旧型戦車と入れ替えるK-2戦車の導入計画が当初の680台から200台に減った」とし「新しい戦車が配備されても空白が生じるため、旧型戦車は当分使うしかない」と述べた。

韓国戦争当時に北朝鮮海軍の釜山沖進入を防いだ韓国初の戦闘艦「白頭山(ペクドゥサン)」(PC-701)をはじめ、海軍艦艇は50年代末から淘汰の道を歩んだ。すでに外国で淘汰された艦艇を修理して使用していたうえ、海水による腐食が進み、陸軍・空軍の武器より寿命が短かった。米国から入った約70隻を含め、計120隻ほどが退役した。
韓国空軍、世界唯一の部隊を解体榁2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国空軍、世界唯一の部隊を解体(1)

    2014.06.16 11:29
    뉴스 메뉴 보기
    ナイキ地対空ミサイル 1965年6月1日から2014年5月30日まで50年間にわたり領空を守った「勝利の女神」。
    TOP