주요 기사 바로가기

平壌を走るSUVポックギ・千万里トラック、部品90%が中国産(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.02.16 18:51
0
1/2
北朝鮮平壌から44キロ離れた南浦市にある平和自動車の乗用車「フィパラム」(写真=平和自動車、中央フォト)
国の経済成長を表すバロメーターの一つが自動車の台数だ。北朝鮮の自動車は現在100万台ほどで、毎年の追加需要が1万台以上という。流通市場の発達、個人所得の増加で自動車の需要が毎年増えている。

北朝鮮の自動車産業には長い沈滞期があった。1990年代半ば以降、電力・資材不足で生産量を大幅に減らした。しかし最近、自動車市場が活気を帯びているのは、市場が活性化し、中国との合弁が増えたことで、平壌(ピョンヤン)など大都市を中心に交通量が増えているからだ。米AP通信は昨年12月、「静かだった平壌の街がトラックやタクシー、乗用車で活気づいている」とし「2014年から道路に交通渋滞が発生し始めた」と報道した。

北朝鮮で自動車を生産する朝中合弁会社は5カ所。中国の部品を輸入して北朝鮮で組み立てる方式だ。主に北朝鮮国内用であり、一部は中国に輸出する。政府当局者はこれら企業が生産する自動車の数は年間4000台ほどと把握している。需要に供給が追いつかない状況だ。

南北合弁自動車会社の平和自動車が1998年に設立されたが、生産・販売不振のため2012年に運営権を北朝鮮に譲った。設立当時、統一教が70%、北朝鮮の機械工業専門会社の朝鮮民興総会社が30%の株式を保有していた。

平和自動車は現在、中国遼寧省瀋陽市の中華、金杯自動車、丹東市の黄海自動車の部品などを輸入し、乗用車やバン、SUVなどを生産している。

北朝鮮は最近、流通市場の発達でダンプトラックと貨物用車両、バスなどの需要が増えている。このため北朝鮮は2015年、平壌駅から1.5キロ離れたところに朝中合弁の朝鮮ピョンウンチュンソン合営会社に設立登録証を発行した。北朝鮮初の貨物トラック会社だ。特に金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が大きな関心を向けていると宣伝している。同社は中国商務省と北朝鮮対外貿易省が審査し、中国の丹東朝鮮辺境貿易省と北朝鮮の朝鮮首都旅客運輸指導総局が手を握って54対46の割合で投資した。共同投資規模は800万ユーロ(約108億ウォン)だ。現在「平壌」「千万里(貨物トラック)」「金剛山(ミニバス)」のブランドで貨物自動車、バスなどを生産している。丹東朝鮮辺境貿易省の関係者は「北朝鮮のダンプトラック、貨物車、バスなどの年間需要は約1万台にのぼり、毎年増加する傾向」と明らかにした。
平壌を走るSUVポックギ・千万里トラック、部品90%が中国産(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP