주요 기사 바로가기

韓国、時速250キロで走る準高速鉄道網の構築事業を推進

ⓒ 中央日報日本語版2016.02.03 15:42
0
韓国で、今後10年間かけて時速250キロで走る準高速鉄道網の構築を中心とした事業が推進される。

韓国国土交通部はこのような内容を盛り込んだ「第3次国家鉄道網構築計画」を3日、発表した。3次計画は2025年までに鉄道網を構築する基本的な方向や路線の拡充計画などが含まれた中長期法定計画だ。4日の公聴会を経て最終案が確定する。

3次計画は時速250キロで走る準高速鉄道網を構築し、主要都市間を2時間、大都市間を30分以内に移動できることを目標としている。

また、京畿道平沢(キョンギド・ピョンテク)と忠清北道清州市五松(チュンチョンブクド・チョンジュシ・オソン)をつなぐKTXなど、32の新規鉄道事業が含まれている。国土交通部は、計画通りに事業が進めば2025年には全人口の85%が高速列車と準高速列車を利用するようになると説明した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP