주요 기사 바로가기

【グローバルアイ】日本の蛮行、確固とした証拠が山のように積もっている

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.08.16 10:48
0
北京から高速鉄道で3時間の距離にある山西省太原市。ここからさらに2時間険しい山道を走って到着した盂県はまだこんなところが残っているのかとの思いが自然に出る奥地中の奥地だ。ある老人によると住民の生活方式は清国末期の時と別段変わらない。さらに驚くべきことはこの辺境の地にまで日本軍が攻め込み若い女性を捕まえて行ったという事実だ。

この平和な山奥の村の受難は張双兵(62)の努力がなければ外部世界に知られなくなるところだった。ここで一生を小学校教師として勤めた退職した彼は20年余り前に慰安婦被害女性たちが自身の過去を隠して生きているという事実を偶然に知ることになった。封建社会の因襲と考え方が山奥の住民たちの頭の中に強く残っていた理由だ。さらに文化大革命時期には日本軍協力者という名目で迫害を受けたりもした。彼は山西省と近隣の河南省一帯の山奥の村を歩き回り127人の被害者を見つけ出して証言を録音した。彼は最近韓国国会で開かれたある討論会に参加し中国の慰安婦被害現況に対し発表した。

今年89歳の張先兎も張双兵が見つけた被害者のひとりだ。先ごろ張双兵とともに張先兎を直接訪ねて行ったことがある。体格が小さいが足がとりわけ小さいのが目に入った。彼女が幼い時まで村に残っていた纏足の風習のためだった。その纏足が張先兎に千秋の恨みを残した。1942年のある日日本軍が自身の家に攻め込んだ。本能的に危険を感じた彼女は一気に門の外に走った。しかし纏足で速く走るのは最初から不可能なことだった。新婚の甘い夢に浸かっていた16歳の新妻はそのまま悪夢のような慰安婦生活を強要された。呼吸器系の疾病を病み言葉を話すのも難しい状況だったが、張先兎は異邦人の記者に「日本が謝罪すればすべてのことを許すことができる」と話した。

張先兎と会っている間、「鉄証如山」という言葉が頭の中を離れなかった。鉄の塊のように確固不動な証拠が山のように多く積み上げられているという意味のこの成語は習近平主席から平凡な一般人まで、中国人が日本の歴史歪曲を批判する時に使う言葉だ。日本の公式立場と顕著な格差を見せる南京大虐殺の被害規模を話したり、強制動員はなかったとしてまるで慰安婦被害者を売春女性であるかのように歪曲することに対する反論とともに登場する言葉だ。張先兎こそ日帝の蛮行を否定する日本の指導者の認識が誤っていることを語る生きた「鉄証」だ。問題は張先兎のように人生そのものが証拠である人たちの余生がそれほど長くないという事実だ。元教師の張双兵が見つけた慰安婦被害者127人のうちいま生きている人は11人しかいない。日本の指導者が贖罪し改心できる時間はそれほど多く残っていないとの意味でもある。

イェ・ヨンジュン北京特派員

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP