주요 기사 바로가기

韓日関係改善の火種生かすには忍耐心持って国民説得すべき(3)

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2016.01.04 10:37
0
◆「ゴールポストを動かす」という批判口実与えずに

交渉結果が十分に満足できないのも事実だが、政府間の激しい交渉の結果を覆そうという論理は現実的ではない。再協議をしようといえば「約束した後にいつもゴールポストを動かす」と主張する日本右翼に批判の口実を提供するだけだ。交渉の無効を主張する者たちが新しい協議に入ったからといって、今より良い結果を導き出すという保障もない。何よりも被害者女性たちが生きているうちに問題を解決する方法ははるか遠くなる。

 
今後、慰安婦交渉をめぐる議論を克服するにはどのようにすべきか。まず朴大統領をはじめとする政府と与党代表者がより大きな政治力を発揮しなければならない。慰安婦問題の交渉が現状況で最善だったとすれば、忍耐心を持って国民に正確で説得力あるよう説明し、慰安婦に感性的共感を引き出す心からの言動を見せて温かく抱擁しなればならない。慰安婦被害者の勇気と闘争がなければ日本との交渉も水の泡だったことを認め、現状況でこれが最善の交渉結果だったことを謙虚な気持ちで説明して理解を求めなければならない。

韓国に設立される財団の活動を積極的に活用して、元慰安婦の方々の体と心の傷を癒やすことはもちろん、家族や関連団体の活動への支援を惜しんではならない。特に韓国挺身隊問題対策協議会(挺身隊対策協)などの支援団体が将来、国際社会で戦時女性被害者の保護活動に積極的に取り組める名分と物的基盤を提供して、国際非政府組織(NGO)としての活動を確保するよう支援する必要がある。野党が主張する国民募金も国際人権普遍化のための財源ならば、拒否する理由はない。

日本が今回の交渉で約束した事項を着実に履行できるよう勧めながらも、日本の一部勢力の逸脱的な言動に対しては度量のある批判を惜しんではならない。愛情ある批判は、狂気じみた非難よりもはるかに強い。

何よりも韓日関係の未来のために慰安婦問題は今こそ越えなければならない時であり、今回の交渉はこのために端緒を提供し、韓日が協力する時に得られる相互利益が大きいという点を広く知らしめて共有する知恵が必要だ。

朴チョル熙(パク・チョルヒ)ソウル大学日本研究所長兼国際大学院教授


韓望関係改善の火種生かすには忍耐心持って国民説得すべき(1)

韓日関係改善の火種生かすには忍耐心持って国民説得すべき(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓日関係改善の火種生かすには忍耐心持って国民説得すべき(3)

    2016.01.04 10:37
    뉴스 메뉴 보기
    尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官と日本の岸田文雄外相が昨年12月28日、韓日慰安婦交渉に入る前に挨拶を交わしている。
    TOP