주요 기사 바로가기

【時視各角】「児童虐待不感症」に陥った韓国社会(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.12.30 11:25
0
法的不備のためか? そうではない。昨年発効された「児童虐待特例法」で親権制限は少し容易になった。韓国児童虐待予防協会理事を務めるイ・ミョンスク弁護士は、「特例法ではなくても児童を隔離保護し親権を制限できる法的装置はある。第一線で積極的でないだけだ。最大の問題は児童虐待に対する韓国社会の認識がとても低いこと」と話す。

本当の問題は韓国の「児童虐待不感症」なのかも知れない。今回のイェリンの場合、隣人たちは「4年前にも暴行があった」とか「子どもの奇怪な泣き声を聞いた」などの証言をぶちまける。道路でやせこけた子どもを見つけた大人はその子どもを父親の家に連れていった。学校も子どもを探さなかった。だれも子どもを助けなければならないと自覚できなかった。

なぜそうなったのだろうか。「自分の子どもを殺そうが生かそうが家庭内のこと」という家父長的文化遺産が「人権優先」という理性的判断をまひさせたのではないだろうか。実際に家の結束を最優先にし家長が全権を振り回す家父長的価値は家庭内の弱者である女性と若い世代の犠牲の上で支えられてきた。家庭すらも強者と弱者に分かれる文化で体罰は訓育として美化された。家庭内暴力は共同体の黙認の中で家族間の暴力の連鎖として継承されてきたのが事実だ。さらに父親も弱者になれば子どもに虐待される奇妙な逆転も起きる。

 
韓国社会は最初から家庭内暴力と児童虐待に脆弱な文化的背景を持っているということをまず認識しなければならない。ただこれに対し順応して暮らせば韓国は悪い文化的残滓を継承する悪い人として生きるほかない構造だ。市民精神と覚醒した意識がシステムを作る。反対にいくら良いシステムも意識が寝ていれば無用の物になる。「家庭内暴力も暴力」という意識で武装し牽制しなければわれわれの隣では継続してイェリンが生きることになるだろう。

ヤン・ソンヒ論説委員


【時視各角】「児童虐待不感症」に陥った韓国社会(1)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP