주요 기사 바로가기

【コラム】「過剰」マニュアル社会、無マニュアル社会…日本と韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.06.10 14:16
0
東京特派員時代に苦労して習った日本語を忘れないよう新しく始めた習慣がある。スマートフォンでダウンロードした日本のラジオ番組を出退勤時間に聞いている。TBSの人気男性アナウンサー安住紳一郎の「日曜天国」という番組だ。聞き取れるかどうかは別にして、頑張って聞いている。最近ここで聞いた話だ。

「同じマンションに住む子どもにむやみに話しかければ怪しいおじさんと思われる世の中だ。『正面から現れて話しかけてはいけないが、後ろから近づいて止まらず横を通り過ぎながら話しかければ大丈夫』というマニュアルもある。『家はどこか』『学校はどこか』という質問はいけないが、自分の話をするのは問題ない。それで私は『どこに住んでいるの』『学校はおもしろい』とは尋ねず、『おじさんはあのマンションに住んでいる』『私は仕事にうんざりしていて嫌だ』と話したりする、ハハハ」。

安住アナウンサーが紹介した「誘拐犯と誤解されないために大人が町内の子供に接するマニュアル」だ。日常の小さな話に面白さを加える彼の話法はやや誇張だが、こうしたマニュアルの存在自体に驚く。さすがマニュアルの国だ。

ソウル生活3年目の日本有力紙の女性特派員から聞いた話も興味深い。小学生の子どもがソウル市内の「日本人学校」に通うという彼女は4月末、学校からこうした通知を受けた。「先週末インフルエンザによる欠席者が出ました。今朝から学校のバスに乗る時は必ずマスクをするようお願いします」。インフルエンザ患者1人のために全校生に発令された学校バス内マスク着用の指示もマニュアルに基づくものだという。「インフルエンザ患者が0人になったのでもうマスクを着用する必要はありません」という解除通知が到着したのは、それからなんと20日も過ぎた後だった。

マニュアル依存度が絶対的な日本社会、「詳細な使用説明書がないiPhoneが初めて発売された時、日本列島はパニックになった」という話が出るのも無理はない。

「これはやり過ぎだ」と思うほどの日本のマニュアルに劣らず、顕忠日(6日)に発送された韓国国民安全処の「MERS緊急災難文字メッセージ」も筆者を驚かせた。

患者発生から17日目に「緊急」メッセージが発送されたという事実に驚き、「緊急」という言葉に合わない内容に驚き、「空の車が騒がしい」ということわざを証明するような超強力警告音のために驚いた。

MERS発生後、韓国社会の大混乱を目撃した日本メディアのソウル特派員は「日本の過剰マニュアルが非正常なのか、韓国の無マニュアルが非正常なのか分からない」と、多分に「外交的」な所感を語った。政府と対立したソウル市長は「遅い対応より過剰対応がよい」と述べたというが、過剰マニュアルの束縛と無マニュアルの混乱の中、皆さんはどちらを選択するだろうか。セウォル号事故後に韓国社会を揺るがしたマニュアル強調の雰囲気はいったいどこへいったのだろうか。

ソ・スンウク政治国際部門次長

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP