주요 기사 바로가기

「韓流フォース」に抑えられたスターウォーズ…K-POPに「中国興行の支援を」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.12.29 14:25
0
10年ぶりに登場した『スターウォーズ』シリーズの新作『スターウォーズ/フォースの覚醒』が各国ボックスオフィス1位を占領して記録を更新する中、アジアでは実績が低調だ。製作会社ウォルトディズニーは27日(現地時間)、『フォースの覚醒』が公開12日目に北米で5億4500万ドル(約6380億ウォン)、その他の地域で5億4600万ドルの売り上げとなり、過去最短期間10億ドル突破記録を作ったと明らかにした。

しかし韓国、ベトナム、トルコでは自国の映画に1位を奪われ、「屈辱」を味わった。米週刊誌ハリウッドリポーターは「世界の映画館を『スターウォーズ』が支配する中、韓流がスターウォーズ『フォース』に抵抗している」とし「韓国とベトナムがスターウォーズ抵抗軍の拠点であり、その根幹にはアジアを支配している『韓流ブーム』がある」と分析した。

◆『スターウォーズ』、韓国・ベトナムで興行低調

28日の映画館入場券統合電算網によると映画『ヒマラヤ』は週末の25-27日に観客176万人を集め、累積観客数422万人となった。一方、『フォースの覚醒』は先週末93万人が観覧し、累積観客は250万人となった。28日基準の前売り率は『ヒマラヤ』『朝鮮魔術師』に次ぐ3位だ。

ベトナムではシム・ウンギョン主演の韓国映画『怪しい彼女』をリメークした両国合作映画『私がお前の婆さんだ』が11日に公開された後、2週連続でボックスオフィス1位となり、『フォースの覚醒』を抑えた。キム・ソンウンCJ E&M海外営業チーム長は「2014年に韓国・ベトナム初合作映画『ホイにオマカセ2』が興行1位になった後、ベトナムで韓国映画の領域が広まっている」とし「『私がお前の婆さんだ』はリメーク過程でベトナム戦争の歴史や家族の大切さなどベトナムの伝統と価値を反映し、反響が大きい」と説明した。来年1月9日に公開を控えた中国では、スターウォーズ前作3本の収益が1870万ドルにすぎない。

◆西欧的文化コードの限界

スターウォーズシリーズが唯一アジアで低調なのは、スターウォーズへの懐かしさを共有するファン層が厚くないからだ。宇宙を背景にしているうえ英雄神話や善悪対立など「西欧的文化コード」が現実的な話が好きなアジア観客の好みに合わないためだと、専門家らは分析した。大衆文化評論家のシム・ヨンソプ氏は「同じSF映画でも『インターステラー』のように考える点を与える映画とは違い『米国の建国神話』と呼ばれるスターウォーズシリーズには韓国人が情緒的に共感できる部分が多くない」と説明した。

過去のストーリーを知ってこそ楽しむことができるシリーズ映画の特性もマイナス要素だ。シム氏は「米国ではスターウォーズのコスチューム、フィギュアなどが大人気で、世代を越える一つの文化になったが、アジアではそうでない」と評価した。家族全員が楽しむ映画でなく少数のマニアが楽しむ映画ということだ。
「韓流フォース」に抑えられたスターウォーズ…K-POPに「中国興行の支援を」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「韓流フォース」に抑えられたスターウォーズ…K-POPに「中国興行の支援を」(1)

    2015.12.29 14:25
    뉴스 메뉴 보기
    ファン・ジョンミン主演の『ヒマラヤ』
    TOP