주요 기사 바로가기

<疾走する京都企業>日本電産・村田製作所「断っても注文入る」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.12.16 17:12
0
「目の前の利益を追わない。(スマートフォンと自動車部品事業を)今後、数千億円台で育成する」。

京都の日本電産の永守重信会長は2015会計年度上半期(4-9月)過去最大の実績を発表した企業説明会(IR)で強い自信を表した。永守会長は「2020年売上高2兆円(約19兆ウォン)」を達成するために、今会計年度に過去最大の900億円を投資すると発表した。

村田製作所の村田恒夫社長もIRで「スマートフォン超小型部品市場の成長は今後2、3年続く」とし、2015会計年度純利益予測値を前年比20.5%増の2020億円とした。京都の企業の「疾走」に日本の財界も注目している。

◆三洋化成など過去最大の利益

大信証券によると、大型株中心の東京証券取引所1部に上場された売上高1000億円(約9400億ウォン)以上の18社のうち4社が上半期、過去最大の営業利益を更新した。4社のうち日本電産と村田製作所は昨年に続き過去最大実績となり、衣料品のワコールホールディングスとおむつの材料の高吸水性樹脂(SAP)を生産する三洋化成工業が新たに加わった。

日本電産は上半期の売上高が前年同期比20%増の5874億円、営業利益は19.7%増の622億円だった。日本電産の自動車事業担当者はIRで「マグロが周囲で大量に泳いでいるが、漁夫は3人しかいない。断っても再び注文が入ってくるほど」と述べ、自動車部品業界の状況を伝えた。

スマートフォンなどに入る積層セラミックコンデンサー(MLCC)世界トップの村田製作所も「業界全体的に値下げ圧力が強まっているが(超小型部品で競争力がある)我々の製品の単価はむしろ上昇した」と実績好転の背景を説明した。

村田製作所は上半期、1000円分を売れば249円の営業利益が生じた。営業利益率が24.9%にのぼる。ローム(12.4%)と日本電産(10.6%)も利益率が10%を超え、製造18社の平均利益率は10.1%に達した。実績好調を受け、東京証券取引所1部の京都の企業38社のうち、島津製作所、村田製作所、日本電産、オムロンなど11社の株価が今年、過去最高値を更新した。島津製作所は65.3%(11月30日基準)上昇し、任天堂、村田製作所、日新電機、SCREENホールディングス、日本新薬なども30%以上値上がりした。
<疾走する京都企業>日本電産・村田製作所「断っても注文入る」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <疾走する京都企業>日本電産・村田製作所「断っても注文入る」(1)

    2015.12.16 17:12
    뉴스 메뉴 보기
    京都市南区にある堀場製作所である職員が生産機械を操作している。(韓経DB)
    TOP