주요 기사 바로가기

<ジェネシスEQ900>現代車の新技術集合体…ベンツより丈夫(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.12.10 14:40
0
◆超高張力鋼鈑51.7%使用

EQ900は6気筒3.8L GDi(ガソリン直噴)、3.3L GDi、8気筒5.0L GDiなど計3種類のエンジンラインナップを備えた。運転手が運転の楽しさを感じるよう走行性能を大幅に高めたと、ジェネシス側は強調した。

特に3.3LターボGDiは国産車ブランドのうち3L以上級で初めて適用された。エンジンに圧縮空気を吹き込むターボチャージャーと燃費を高めるGDiを付け、少ない排気量でも十分な走行性能を見せるという説明だ。

3.3LターボGDiエンジンの最高出力は370馬力で、3.8Lエンジンの315馬力より17.4%高い。ベンチマーク対象のBMWの3.0Lターボエンジン(320馬力)を大きく上回る。

EQ900には一般鋼鈑に比べて重さは10%以上軽く強度は2倍以上強い超高張力鋼鈑が51.7%含まれた。以前のエクウス(16.3%)の3.2倍だ。ベンツSクラス、BMW7シリーズの超高張力鋼鈑使用比率(20-30%)を大きく上回る。開発から製作までグループ系列会社の現代製鉄と協力し、最適な素材を発掘したと、会社側は説明した。

黄首相は「新しい道を開拓する人に道が開かれる」とし「世界高級車市場の扉を堂々とたたく現代車の役職員が、我々の自動車産業の新しい道を開く主役になることを望む」と述べた。先月23日から受けたEQ900事前契約件数は1万台を超えたことが分かった。半月でエクウスの昨年の販売台数(8487台)を超えた。


<ジェネシスEQ900>現代車の新技術集合体…ベンツより丈夫(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP