주요 기사 바로가기

韓国型ロケットのエンジン試験設備竣工…試験設備9割完了

ⓒ 中央日報日本語版2015.12.07 10:35
0
韓国独自の技術で開発中の韓国型ロケットのエンジンを試験できる設備が構築された。

韓国の未来創造科学部は韓国型ロケット開発のために構築した3段エンジン燃焼試験設備、エンジン地上燃焼試験設備、エンジン高空燃焼試験設備の3つの試験設備の竣工式が7日に全羅南道高興(コフン)羅老(ナロ)宇宙センターで開かれると明らかにした。

これを受け、韓国型ロケット開発システム完成のための試験設備10種類のうち9種類が構築された。残り一つ(推進機関システム試験設備)は2016年に構築する予定。現在7トン級液体エンジンは20秒連続燃焼試験まで成功し、75トン級液体エンジンは来年1月から燃焼試験に入る予定だ。

韓国型ロケット開発事業は1段階(2010年3月-2015年7月)目標のエンジン試験設備構築と7トン級液体エンジン開発を終え、エンジン開発と燃焼試験を並行して推進する2段階事業(2015年8月-2018年3月)を推進している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP