주요 기사 바로가기

<プレミア12>侍マネーより強かった、金寅植監督の「ヒューマンボール」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.11.27 10:55
0
「なら、どうするのか。向こうの都合もあるというのに」。

野球国家対抗戦「プレミア12」で韓国代表を優勝に導いた金寅植(キム・インシク)監督(68)は今、人々の中に埋もれている。22日に帰国すると、食事をごちそうしたいという人たちが列をなした。毎日夜遅くまで約束が入っている。人の要請を断れない性格だからだ。そのために金監督がよく使う言葉がある。「なら、どうするのか」だ。金寅植監督は仕事がこじれても他人のせいにしない。じわじわと解決していくリーダーが金寅植だ。自分の都合が悪くても相手の立場を先に考える。彼の野球をヒューマンボール(human ball=人の心を動かしてチームを一つにする野球)と呼ぶ理由だ。

韓国代表の優勝で終わったプレミア12は金監督のリーダーシップを圧縮して見ることができる大会だった。韓国は予選の初戦で日本に0-5と完敗したが、準決勝では日本に4-3で逆転勝ちした。決勝では米国に8-0で大勝した。特に韓国と日本の準決勝は韓日戦史上最高の名勝負として記憶されるほどの試合だった。今回の韓国代表には朴賛浩(パク・チャンホ、42、引退)のような投手も、李承ヨプ(イ・スンヨプ、39、サムスン)のような打者もいなかったが、韓国は選手全員が団結して日本を倒した。26日午後、金寅植監督に電話でインタビューした。

--優勝の余韻がまだ残っているが。

「ハハハ。私は何もしていない。選手たちが本当によく頑張った。感謝するだけだ。代表チームの招集から大会が終わるまで困難が多かったが、チームの雰囲気は良かったよ。チームワークが良かったようだ」

--4強入りも難しいという人が多かった。

「私も心配していた。打線は大丈夫だと思っていたが、マウンドが問題だった。しかし投手もよく投げた。自分の能力の100%以上を発揮した選手たちもいた。(車雨燦と張元準のことかと尋ねると)そう、2人は本当によくやった。客観的な戦力は日本が強いとしても、一発勝負なら分からないと思った。それが大韓民国の力だ」

プレミア12は世界野球ソフトボール連盟(WBSC)と日本野球機構(NPB)がメジャーリーグ中心のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に対抗するために作った大会だ。韓国選手が得る実益はなかった。呉昇桓(オ・スンファン、33、阪神)、尹錫ミン(ユン・ソクミン、27)、梁ヒョン種(ヤン・ヒョンジョン、27、以上起亜)がけがを理由に抜けた。さらに大会直前に賭博容疑が浮上した投手3人も代表チームのエントリーから除外された。

金監督は「マウンドが大きく揺れた。最初に構成した名簿を消して10人ほどの投手を新しく選ばなければいけなかった」と話した。出発からふらついた韓国代表は開幕戦で日本の“怪物投手”大谷翔平(21、日本ハム)の剛速球に徹底的に抑えられた。韓国打線は6イニングで10三振を喫し、2安打無得点に終わった。準決勝でまた大谷と対戦したが、7イニングで1安打無得点だった。しかし韓国は0-3とリードされた9回、代打の呉載元(オ・ジェウォン、30、斗山)、孫児葉(ソン・アソプ、27、ロッテ)の連続ヒットで追撃を始めた。続いて鄭根宇(チョン・グンウ、33、ハンファ)のタイムリー二塁打で1点を返し、李容圭(イ・ヨンギュ、30、ハンファ)の死球と金賢洙(キム・ヒョンス、27、斗山)の押し出し四球に続き、李大浩(イ・デホ、33、ソフトバンク)が逆転2打点タイムリーを放った。
<プレミア12>侍マネーより強かった、金寅植監督の「ヒューマンボール」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <プレミア12>侍マネーより強かった、金寅植監督の「ヒューマンボール」(1)

    2015.11.27 10:55
    뉴스 메뉴 보기
    金寅植(キム・インシク)監督(68)
    TOP