주요 기사 바로가기

釜山・大邱で音盤売り切れ…「クラシック分からないがチョ・ソンジン聴く」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.11.09 15:47
0
ユニバーサルミュージックのイ・ユギョム課長は「発売初日、各店舗に持ち込まれた出庫量が3万枚だ。8日現在、釜山(プサン)・大邱(テグ)・春川(チュンチョン)などの地方では初回注文量がすべて売れた。来年の上半期10万枚の販売は無難だろう」と見通した。教保(キョボ)文庫のホットトラックスのイ・ヘウォン課長は「インターネットの注文量も従来のクラシック音盤より10倍以上動いている。取引元に要請して休日に追加注文分を受けとった」と話した。

音楽コラムニストのパク・ジェソン氏は「19世紀のリストやパデレフスキー、20世紀のチプラ・ホロヴィッツらが驚くべき演奏でクラシック症候群を起こした。クラシック界の潤滑油の役割を果たす症候群がしばらくまばらだった中で登場したチョ・ソンジン症候群は貴重であり歓迎すること」と話した。

チョ・ソンジンの今回の実況音盤は24のプレリュードとノクターンc単調Op.48-1、ピアノソナタ2番、ポロネーズOp.53を収録した。第一印象として、音色が引き立っている。自然で美しい音色が聴覚の快感に近づいてくる。ピアニストのキム・ジュヨン氏は「才能と鋭い洞察力を感じられる。音色の密度があり緊張感が隠れている」と話した。

「チョ・ソンジン症候群」への視角が交差もしている。クラシック音楽界のブームアップにつながるかもしれないという期待とともに、いち早く熱くなればそれだけすぐに冷める恐れがあるという憂慮も出てくる。音楽コラムニストのユ・ジョンウ氏は「10代の頃から誠実だった1人の音楽家の成長期を同時代に見守ることができるのは鼓舞的」としながら「若い大家の誕生をクールに祝うものの、一時的な熱狂よりも持続的な関心が必要だ」と指摘した。中央SUNDAYに掲載された音楽コラムニストのハン・ジョンホ氏とのインタビューでチョ・ソンジンは「アイドルのように映るのが嫌だ。クラシック音楽家として生き残りたい」と語った。チョ・ソンジン本人の努力が重要だが、良い演奏者のための成熟したファンであることも求められている。
釜山・大邱で音盤売り切れ…「クラシック分からないがチョ・ソンジン聴く」(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP