주요 기사 바로가기

【時論】韓日FTAは韓国の“神の一手”になれる(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.11.04 09:24
0
これまで韓国政府の公式的な立場はTPP12カ国のうち日本とメキシコを除く10カ国とFTAを締結しているためTPP参加の実益は大きくないというものだった。だがTPPの累積原産地規定で韓国が逃したものは12-10=2よりはるかに大きい。韓国と日本は原材料と部品を東南アジアに輸出し、東南アジアで生産して米国に輸出する生産分業構造を持っている。日本企業がTPPに加入した東アジア諸国との累積原産地を使って輸出市場を拡大するのに韓国企業は2国間FTAに依存するならどちらが不利かは自明だ。日本のTPP参加はこの10年余りに韓国がようやく構築してきたFTA経済外交網を一瞬にして揺るがす“神の一手”だ。

国内政治、中国よりさらに決定的な理由は日本とのFTAに対する負担感のためだ。韓国は2004年11月に日本とのFTA交渉を中断してから再開の糸口を見つけられずにいる。韓日FTAに対する韓国国内の反対のためだ。持続的な対日貿易赤字という状況で日本より関税率が高い韓国が日本とFTAを結ぶことになれば不利だとの主張が大手を振って歩く。その論法通りなら韓国ははるかに関税率が低い米国や欧州連合(EU)とはなぜFTAを結んだのか説明する方法がない。日本との競争を恐れたというなら現在の韓流熱風は可能だっただろうか。減らせば韓国映画が滅びると言っていたスクリーンクォータの場合、2006年に半分に減らしたが韓国映画はさらに強くなりさらに多様化した。

日本の自動車が押し寄せるので韓日FTAに反対するというのは韓国の自動車業界の反対論理になるかもしれないが、世界5位の自動車生産国の消費者の「国産車を買う私たちだけがカモだ」とわき起こる不満を知る政府当局者が隠れる陰ではない。通商交渉権限を新たに握った産業通商資源部が自動車産業を掌握するため微温的だという疑惑に堂々とできるだろうか。

韓日FTAを推進しなければならない理由は、韓国国内市場をさらに競争的に作り、国内価格に挟まるバブルを取り除けば消費者の実質所得を上げることができるためだ。日本の農業市場開放に対する生ぬるさがTPPを通じて解消されたことは韓日FTAを推進する新たな推進力を与える。TPPに参加し韓日FTAを推進するのは最悪の関係で放置されてきた韓日関係を新たな地平に引き上げる、韓国が指すことができる“神の一手”だ。韓日FTAをこれ以上恐れる理由はない。競争を促進し消費者主権を伸長し平均的な韓国人の生活の質を改善できるビジョンをTPP加入に盛り込んでこそ既得権の反対を克服して韓国は先進国に深く根ざした前進の歩みを踏み出すことができる。こうしたことが創造経済ではないのか。

崔炳鎰(チェ・ビョンイル)梨花(イファ)女子大学教授・前韓国経済研究院院長

◇外部者執筆のコラムは中央日報の編集方針と異なる場合があります。
【時論】韓日FTAは韓国の“神の一手”になれる(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP