주요 기사 바로가기

成功的な韓日首脳会談になるには(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.10.29 09:48
0
行き詰った韓日関係は韓国外交のアキレス腱と指摘されてきた。韓国の中国傾斜論、韓米同盟亀裂論などはいずれも韓日関係が行き詰って生まれた副産物だった。苦労して実現した韓日首脳会談に対する期待水準が高い理由だ。政府関係者たちが自ら「非常に期待が高いために自らステップがこじれる場合がある」と言うほどだ。

専門家たちは、それだけに韓日首脳会談への期待水準を下げる必要があると指摘した。東西(トンソ)大学の趙世暎(チョ・セヨン)日本研究センター長は「首脳会談で成果を出さなければならないというプレッシャーから抜け出さなければならない」として「過去の問題などで成果を出そうと無理な方法を置けば両国関係はさらに悪化するしかない」と話した。

①慰安婦問題、不足しているが満足せよ=今回の首脳会談の最も大きな関心は日本軍の慰安婦被害者問題だ。韓国政府はこれまで成功的な首脳会談のためには日本が慰安婦問題に対して誠意ある態度が必要だという立場だった。一方、日本は法的責任の認定が難しいという立場を見せており異見が狭まっていない。今回の首脳会談開催を決める中でも安倍晋三首相が慰安婦問題に対する謝罪をすべきだという声も高かった。韓国外国語大学のナムグン・ヨン政治言論大学院長は「今回の首脳会談において慰安婦問題で一方が完全に満足できる言及が出てくるようにするのは容易ではない」として「両国いずれも不足するが満足できる水準で互いに意見を出して協議を続けていくのが重要だ」と話した。

②安保・経済問題で実益を取れ=今回の首脳会談は両国双方にとって難しい会談だ。両国関係が行き詰っている主な原因だった過去の問題などは1回の首脳会談で成果を出しにくいためだ。それだけに専門家たちは過去の問題と切り離して安保と経済分野では協力を継続するという「ツートラック外交」の成果を出す必要があると指摘した。世宗(セジョン)研究所の陳昌洙(チン・チャンス)所長は「韓国にとっては難しい首脳会談になる可能性が高い」として「韓国としては成果を出せる北朝鮮問題、統一問題、北東アジア平和協力構想などで日本側の協力を得ることが必要だ」と話した。高麗(コリョ)大学アジア問題研究所のナム・グァンギュ教授は「今回の首脳会談を通じて日本と安保・経済の部分は過去の問題とは別に協力していく趣旨で向かわなければならない」として「韓日首脳会談で首脳間での言及を通じて韓日FTAを始められるきっかけを作らなければならない」と話した。
成功的な韓日首脳会談になるには(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP