주요 기사 바로가기

【時視各角】フォルクスワーゲンの詐欺劇を見て=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.09.30 14:29
0
「私たちは、知らずにだまされたのか」。

フォルクスワーゲン(VW)の排気ガス実験操作の詐欺劇の内幕が明らかになりながら最初に浮かんだ思いがこれだった。フォルクスワーゲンをはじめとするドイツ系自動車企業が「クリーンディーゼル」技術の広報に熱を上げていた場面を思い出す。2000年代の中盤だった。欧州乗用車メーカーらはディーゼル乗用車を国内に導入して積極的にマーケティングを展開した。

当時、ディーゼル車のイメージは悪かった。韓国でディーゼル車は真っ黒な媒煙ガスをもくもくと漂わせた媒煙バスとして記憶されていた。ところがクリーンディーゼルとは。ディーゼルは、ガソリンに比べ燃費と力が良くて二酸化炭素の排出は少ないが、世界保健機構(WHO)も一級発ガン物質に指定した酸化窒素と微細粉じんを排出するというのは常識だ。ところが「このようなディーゼルがどうして清浄なのか」と疑問を提起すれば、これらの自動車業界の関係者は「知らないお言葉」としながらディーゼルエンジンの清浄性を証明する各種実験資料を引っ張り出しながら話した。「世界最高水準のドイツの自動車技術で燃料を完全燃焼させて媒煙をキャッチする技術を実現した。環境を最も優先に考える欧州が今ディーゼル車を中心に向かっていることが、清浄ディーゼル技術の信頼性を示すものだ」。

実際に1990年代中盤から欧州連合(EU)加盟国はディーゼルエンジンの使用を促進する各種政策を打ち出した。当時、原油高に対応する政策的側面が強かった。これに対し90年代初期までは10%未満の割合を占めていたディーゼル車が、現在のEUでは35%に達する。もしかしたら私たちはドイツ自動車技術と親環境欧州の名声という虚構に期待物性は変わらないという常識を出してしまったのかもしれない。

一部では現代(ヒョンデ)自動車の反射利益があるだのないだのと言っている。1つ、株式市場の冷淡な反応だけではなくても今回の事態がディーゼル陣営の危機に集まっていく状況で、積極的にディーゼルを導入した国産車が何の反射利益を得るのだろうか。かえってディーゼル陣営がこのまま座り込むならば損失を受ける恐れもある。信頼の高いフォルクスワーゲンのディーゼル車が「実験室では清浄、実際の走行では汚染源を排出」という事実がばれて各国の調査が全ディーゼル車に広がりながら一部ではすでに「電気自動車」代案論が出ている。大気汚染物質をほとんど排出しない真の清浄車ということだ。ところが電気生産過程の大気汚染を考えれば、大気の質を改善する効果がないという研究結果もある。また電気自動車は大容量のバッテリーを装着しなければならないがバッテリーは一定の充電周期になれば性能が落ちて交換しなければならない。このようなバッテリーはリチウムを含んだ各種鉱物質でつくられる。電気自動車が大衆化すれば、その廃棄物による環境汚染はどのようにするのか。
【時視各角】フォルクスワーゲンの詐欺劇を見て=韓国(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP