주요 기사 바로가기

【コラム】失望感を与えた習近平主席のシアトル演説

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.09.26 13:58
0
完全に違う形で権力を行使するゲスト2人が今週ワシントンを訪問した。中国の習近平国家主席とフランシスコ法王だ。法王は道徳的権威をもとに気候変動や移民問題など国際協力が必要な重要な懸案について訴える。一方、習近平主席は中米関係の緊張感や東アジア地域の不安感などの問題を巧みに回避する。

習主席は22日、シアトルで行った政策演説の冒頭で、トウ小平の偉大な遺産である「中国の平和な浮上」(中国和平崛起=China’s peaceful rise)を持ち出した。トウ小平は中国が開発途上国であるため国民の生活水準を高める内部発展に集中するべきだと力説した。

トウ小平の構想は2つの枠で具現された。一つ目、中国は漸進的に、より開放的な市場中心経済に転換した。二つ目、漸進的な政治改革が進められた。中国が一日で民主国家になると予想する人はほとんどいなかった。しかし胡錦濤主席時代には法治の強化に対する公開的な討論があった。選挙改革実験もあった。例えば村単位でだ。

しかし習近平時代は「平和な浮上」接近法とは距離がある。経済改革は中断した。政治改革は逆走行している。外交政策においては穏健というより現状維持を崩そうとする微妙な試みが目につく。

市場開放に関し、習主席は演説で、中国は外国企業を差別せず、法を遵守すると主張した。しかしシアトルの演説を聞いた財界人は、中国が経済力を武器に世界的な企業にも沈黙を強要することをよく知っている。特にいま最も熱い争点は、中国が情報技術(IT)企業に「セキュリティー誓約書」を要求したことだ。

国内改革も停滞した。7月の株式市場崩壊に中国が対処したことを評価すれば大きな失策というのが大半の意見だ。また、中国政府がいつでも市場に介入する可能性があることも如実に表れた。習近平主席は中国政府がしたことを猛烈に擁護した。ウォールストリートジャーナル(WSJ)に掲載されたインタビューで、習主席は市場が揺れ動いたのは国際的な要因のためだと非難した。株価を操作した人々は捜査の対象になった。実際、中国政府はあたかもチアリーダーのように株価が暴騰する時は浮かれていた。株価上昇が習近平のビジョンである中国の夢を傍証するという信頼のためだろう。中国の金融部門は政府の厳格な統制を受けている。

習近平の統治で最も驚くことは政治領域で発生した。人々は毛沢東時代以降は権力の集中が不可能だろうと考えたが、習近平はそのような予測を覆した。

名分は腐敗と戦うために権力の集中が必要というものだ。中国の外部でもこうした主張に共感する人がいる。習近平はシアトルでの演説で、共産党が腐敗したことを認めた。しかし腐敗の原因は部分的に一党支配、言論統制、政府の善悪を審判できる選挙制度の欠如だ。反腐敗キャンペーンは習近平と同盟関係の人物には触れない。果たして誰が次の標的になるかは不確かだ。こうした中、民間資本が中国を離れている。

そのほかの政治状況の展開はすべて強化した統制を見せている。習近平は裁判所の独立性に制限を加えていて、法曹界の口をふさぐために逮捕や脅威を手段としている。また中国に入った外部の非政府組織(NGO)が活動するのをさらに難しくした。今回の演説で習近平は、NGOが強化された中国の法規を守るべきだと主張した。軍部の力に頼る保安機関とプロパガンダ機関も政治的な重要性が強化された。

外交政策分野はどうか。中国の急激な浮上が脅威として受け入れられることを知っているため、トウ小平とその後継者は隣国を安心させる外交政策をとった。アジアインフラ投資銀行(AIIB)が不安でなく協力を増大させる役割をするかどうか注目される。

しかしシアトルでの演説は米中両国間のすべての安保分野の問題について沈黙したり、防御的な態度を見せた。習近平は政府や軍部に関連するハッキング活動はないとしらを切った。「現行犯」で発覚したにもかかわらずだ。今回の訪問で米中間にサイバーセキュリティー問題を扱うプロセスが用意される可能性はまだ残っている。しかしハッキング活動自体を否認する状況で信頼を築くのは難しい。

米中関係や東アジア地域の平和を脅かす他の安保問題について習近平は口を閉じた。台湾を狙った軍備増強、南シナ海で進行している軍事施設建設、宇宙空間の軍事化のような問題だ。

習近平は今回の訪問を通じて米国国民を安心させようとしている。米国のテレビ番組に言及するなど庶民的な姿も見せた。また米中協力を繰り返し強調している。しかし今回の訪問は、米中関係を復元するのに必要な労苦についてはいかなるシグナルも送っていない。

ステファン・ハガード・サンディエゴカリフォルニア大(UCSD)客員教授

◇外部執筆者のコラムは中央日報の編集方針と異なる場合があります。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP